お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7542-8718

再診・その他のお問い合わせ

044-541-3918

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

セラミックとはどんな治療方法で、銀歯とは何が違うのですか?|川崎市の歯医者ならチーム医療の伴場歯科医院

伴場歯科医院
伴場歯科医院
伴場歯科医院へのお問い合わせ:044-541-3918
お問合せ

プライバシーポリシー

求人情報

伴場歯科矯正サイト

セラミックとはどんな治療方法で、銀歯とは何が違うのですか?

セラミックとはどんな治療方法で、銀歯とは何が違うのですか?

川崎市矢向の歯医者さん、伴場歯科医院です。
今回のテーマは「セラミック治療と銀歯との違い」です。
詰め物や被せ物の材質と言えば銀歯…それはもう過去の話になりつつあります。

もちろん銀歯を選択することはできますが、最近ではセラミックを希望する人が増えていますし、
既に銀歯を使用している人でもセラミックへの交換を希望するケースが増えています。
そこで、ここでは銀歯との比較を中心にセラミック治療について説明していきます。

セラミック治療とは

まずみなさんがよく耳にする「セラミック治療」についての説明ですが、
分かりやすく言えば詰め物や被せ物をセラミックにする治療です。
例えば既に銀歯の被せ物を使用している人がセラミックの被せ物に交換する…これがセラミック治療です。

また、セラミックの場合は銀歯と違っていくつか種類があり、好きな種類のセラミックを選択できます。
もちろん実際の治療時にはそれぞれのセラミックの特徴を歯科医が教えてくれるでしょうが、
歯科医院によっては取り扱っていない種類のセラミックもあるため、あらかじめ種類を知っておくと便利です。

銀歯と比べた時のメリット

セラミック治療を希望する人が多いのは、それだけセラミックにメリットがあるからです。
そこで、銀歯と比較した際のセラミックのメリットを以下にまとめてみます。

•審美性が高い
見た目の美しさ…これがセラミックの最大のメリットです。
写真などで見るとセラミックの白さを確認できると思いますが、
実際にはただ白いだけでなく天然の歯に限りなく近い光沢まで持っています。

•二次虫歯を予防しやすい
銀歯の詰め物や被せ物を使用していると、劣化によって取れてしまったり歯との間に隙間ができたりします。
こうした隙間に細菌が入り込むと虫歯の再発…つまり二次虫歯を引き起こしてしまいます。
その点セラミックは接着がしっかりしておりプラークも付着しにくいため、二次虫歯を予防しやすくなります。

•金属アレルギーの心配がない
銀歯は金属ですから、金属アレルギーの人にとってはアレルギー対象になってしまいます。
一方セラミックは陶器ですから、金属アレルギーの人でも安心して使用できます。
ただしメタルボンドなど、中には一部金属を使用しているセラミックもあります。

•長持ちする
詰め物や被せ物は永久に同じものを使用することはできません。
いずれ寿命になると劣化が起こり、そうなると新品のものに交換しなければなりません。
その寿命は一般的に銀歯が5年ほどなのに対して、セラミックは10年以上とされています。

…これらはいずれも銀歯にはないセラミックならではのメリットです。
セラミックのメリットは審美性の高さだけが目立ちますが、
こうやって挙げてみると機能性にも優れており、詰め物や被せ物の材質として大変優秀なことが分かります。

銀歯と比べた時のデメリット

メリットがある反面デメリットもある…それはセラミックも例外ではありません。
銀歯と比較した際、セラミックには以下のようなデメリットがあります。

•費用が高い
セラミック治療は審美目的も兼ねているため、健康保険の対象外になります。
このため、保険診療となる銀歯に比べて費用は大幅に高くなります。
ただしハイブリッドセラミックなど、中にはお手軽な種類のセラミックも存在します。

•欠けることがある
セラミックも充分丈夫ですが、強度に関して言えば金属である銀歯に劣ります。
このため、奥歯で強い力で噛むと欠けたり割れたりしてしまうことがあります。
ただしメタルボンドやジルコニアセラミックなど、中には強度の高さが特徴のセラミックも存在します。

…セラミックには銀歯と比べてこのようなデメリットがあります。
しかし、こうしたデメリットを解消できる方法があることも忘れてはいけません。
費用においてはハイブリッドセラミック、強度においてはジルコニアセラミックで問題が解消します。

セラミックの種類

上記の説明の中でもハイブリッドセラミックやジルコニアセラミックが登場しましたが、
現状セラミックには4つの種類があり、それぞれ独自の特徴を持っています。

•オールセラミック
セラミックの中で最も美しいタイプです。文字どおり100%セラミックでできており、
年数が経過しても変色が起こらずずっと美しいままで使用できます。
ただしその反面、セラミックの中でも費用が高いのが欠点です。

•ハイブリッドセラミック
レジンが混ざっており、そのため柔軟性に長けたタイプです。
レジンの影響で年数が経過すると変色することがありますし、審美性はオールセラミックに劣ります。
ただしその分費用が安く、セラミックの中でもお手軽なタイプとして位置づけられています。

•メタルボンド
一部金属を使用しているため、セラミックでありながら金属アレルギーの対象になってしまいます。
金属を使用している点から、金属の耐久性を再現しつつ見た目も美しいセラミックです。
ただし見えない裏側からは金属が見えてしまうため、視点によっては審美性が低くなります。

•ジルコニアセラミック
セラミックの中で最も新しいタイプです。
人工ダイヤモンドのジルコニアを使用しているため、奥歯でも安心して使用できる耐久性を誇ります。
ただしオールセラミック同様、他のセラミックに比べて費用が高いのが欠点です。

…セラミックにはこれらの種類がありますが、取り扱っている種類は歯科医院ごとで異なります。
特にジルコニアセラミックは新しいタイプであるため、まだ取り扱っていない歯科医院も多いです。
希望のセラミックがある場合は、歯科医院に連絡してそのセラミックを選択できるか確認すると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミック治療と銀歯との違いについてまとめます。

1. セラミック治療とは :詰め物や被せ物の材質をセラミックにする治療
2. 銀歯と比べた時のメリット :審美性が高い、二次虫歯を予防しやすい、金属アレルギーの心配がないなど
3. 銀歯と比べて時のデメリット :費用が高い、欠けることがあるなど
4. セラミックの種類 :オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンド、ジルコニアセラミック

これら4つのことから、セラミック治療と銀歯との違いについてまとめます。
セラミック治療を希望する際は、ここでお伝えしたメリットとデメリットを含めたセラミックの特徴、
さらにセラミックの種類まで把握しておくと良いでしょう。

PAGE TOP