お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7542-8718

再診・その他のお問い合わせ

044-541-3918

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

口腔外科|川崎市の歯医者ならチーム医療の伴場歯科医院

伴場歯科医院
伴場歯科医院
伴場歯科医院へのお問い合わせ:044-541-3918

口腔外科

【口腔外科】「親知らずが生えてきた」という方へ

「親知らずが生えてきた」「口の中の出来物で悩んでいる」という方はいませんか?
そんな方を対象とした診療科目が口腔外科です。

口腔外科では、親知らずを抜く抜歯や事故で顎の骨を骨折した外傷、口腔感染や粘膜疾患などの治療を行っています。
このページでは当院の口腔外科についてご紹介します。

親知らずの治療について

親知らずとは?

大人の歯は、13歳前後までに全部(前歯から第二大臼歯まで、28本)生えます。
ですが、それからかなり遅れて20歳前後に歯の列の一番奥に生えてくる歯があります。
この歯のことを、「親知らず」、「第三大臼歯」あるいは「智歯(ちし)」と呼びます。

親知らずは、大人になったころに親に知られることなく生えてくる歯のことです。
上アゴ、下アゴ、左右の計4本あります。

上アゴの親知らずは、上の歯の一番奥の歯茎とその外側に生えてきます。
下アゴの親知らずは、下の歯の一番奥の歯茎と頬の粘膜の間に出てきます。
最初は、そこの歯茎がだんだん盛り上がってきて気づきます。そのうち、歯の頭が歯茎を突き抜けて徐々に出てきます。

一般的に、真直ぐ生えてくる人は珍しく、斜めに生えたり真横に生えたり、まったく出てこない人もいます。

舌先で触ったり、鏡を見たりして確認してみてください。自分に親知らずがあるかどうか、舌先で一本一本歯を触れながら数えてみましょう。
前歯の真ん中の歯から数えて8番目の歯を触れた人は親知らずがあると思ってください。

親知らずは抜いた方がいいですか?

上下の親知らずが正常に噛み合って、虫歯や歯周病になっていなければ、もちろん抜く必要はありません。

しかし、歯ブラシが届きにくく虫歯になる可能性がある場合、抜いた方が良いと言えます。
親知らずは、口の中の一番奥(手前から8番目)にあるため、歯ブラシが届きにくく、みがいているつもりでもどうしてもみがき残しが多くなり、虫歯になってしまいます。

親知らずにみがき残しがあると、手前の歯まで虫歯にしてしまうことがあります。
ですから、この場合は抜いた方がよいと言えます。
「親知らずが痛む」という方、ぜひ当院までご相談ください。

PAGE TOP