お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7542-8718

再診・その他のお問い合わせ

044-541-3918

メールお問合せ・予約

メールお問合せ

WEB予約

     

甘いものを食べると虫歯になりやすい理由を教えてください|川崎市の歯医者ならチーム医療の伴場歯科医院

伴場歯科医院
伴場歯科医院
伴場歯科医院へのお問い合わせ:044-541-3918
お問合せ

プライバシーポリシー

求人情報

伴場歯科矯正サイト

甘いものを食べると虫歯になりやすい理由を教えてください

川崎市矢向の歯医者さん、伴場歯科医院です。今回のテーマは「甘いものを食べると虫歯になりやすい理由」です。子供の頃から、「甘いものを食べると虫歯になりやすい」と教えられてきた人が多いと思います。

最も、当時はその教えを「お菓子を食べるのを控えさせるためのウソ」と考えたかもしれませんが、それはウソではなく本当ですし、子供に限らず大人にも言えることです。そこで、今回はその理由…つまり甘いものを食べると虫歯になりやすい理由を説明します。

糖は虫歯の原因菌のエネルギー

私達は普段仕事をしていますが、仕事量は一定ではなく体調などによって変化します。体調が優れている時は多くの仕事をこなせますし、そうでない時は逆に仕事をこなせなくなりますが、そんな仕事量の変化に強く影響するのは食事によるエネルギーではないでしょうか。

食事を摂らずに空腹の状態では、いくら体調が優れていても仕事に力が入らないですからね。さて、虫歯の原因菌にも仕事があり、その仕事は酸を出して歯を溶かすことです。そして虫歯の原因菌も私達と同様、食事によるエネルギーによって仕事量が変化します。

では虫歯の原因菌のエネルギーの源とは何か?…それが糖なのです。甘いものには大抵糖が含まれており、糖の摂取は虫歯の原因菌にエネルギーを与えることになります。多量の糖を摂取すればそれだけ虫歯の原因菌が多くの酸を出す…つまり虫歯になりやすくなるのです。

虫歯になりやすい食生活

甘いもの…正確には糖が含まれるものを摂取すると虫歯になりやすくなりますが、では糖の摂取を控えれば虫歯になりにくいかと言えば、そうとは言い切れません。なぜなら、糖の摂取以外にも食事の中には虫歯のリスクを高めることがいくつかあるからです。

例えば、食事に時間をかけすぎるダラダラ食い、頻繁におやつを食べる間食がそれに該当します。ダラダラ食いをすると歯の脱灰ばかりが進み、再石灰化が正常に行われなくなりますし、間食が多い場合も再石灰化が行われるタイミングを失ってしまいます。

また、よく噛まずに食べてしまうと唾液の分泌が促進されないため、口の中の唾液が少なくなって細菌が流れなくなってしまいます。食事におけるこれらのことは、いずれも虫歯になりやすくなる原因となります。

虫歯になりにくい食生活

虫歯になりにくい食生活を説明すると、まず海藻類や大豆製品や野菜を摂取することです。これらはいずれもアルカリ性の食材ですから、酸性に傾いた口の中を中和して中性にしてくれます。また、食物繊維を含んだ食材も虫歯になりにくく、なぜなら唾液の分泌を促進させられるからです。

食物繊維を含んだ食材は食べる上で何度も噛む必要がありますし、唾液の分泌は噛むことで促されます。そして唾液の分泌が促されることで、唾液によって細菌が流れていくのです。とは言え、こうした食生活の改善だけでは虫歯の予防はできません。

虫歯を予防するには歯磨きはもちろん、定期的な検診で歯を綺麗にしなければならず、ただ糖の摂取を控える、ただ口の中をアルカリ性にするだけでは予防できないのです。また、食材を意識しすぎると栄養バランスが偏るため、あくまで栄養バランスの良い食生活が大切です。

歯を綺麗する歯磨きの仕方

食事による歯の汚れは虫歯の原因となり、それを解消するのが毎日の歯磨きです。ただし歯磨きは精度が重要ですから、磨き残しが多ければ虫歯の予防効果は半減するでしょう。歯を綺麗にする精度の高い歯磨きをするには、次の3つの方法が効果的です。

デンタルフロスの使用

デンタルフロスを使えば、ブラッシングでは磨けない歯と歯の隙間を綺麗に磨けます。ブラッシングだけの歯磨きの場合はプラークの除去率が6割程度ですが、デンタルフロスを使うことでそれが8割程度まで高まります。

プラークテスターの使用

プラークテスターを使えば、磨き残しプラークを染め出して目に見える状態にさせられます。プラークが目で確認できれば磨き残した箇所を全て綺麗にできますし、数日連続して使用すれば自分の歯磨きの弱点を知る上でも役立ちます。

ブラッシング指導を受ける

定期検診や予防歯科を受診すると、その中でブラッシング指導を受けることができます。これは正しい歯の磨き方を歯科医に指導してもらうもので、自分の歯並びに合った効率の良い歯の磨き方をマスターできます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、甘いものを食べると虫歯になりやすい理由についてまとめます。

1. 糖は虫歯の原因菌のエネルギー :糖を摂取することで虫歯の原因菌にエネルギーを与えてしまう
2. 虫歯になりやすい食生活 :糖の摂取、ダラダラ食い、間食、よく噛まずに食べるなど
3. 虫歯になりにくい食生活 :アルカリ性食材の摂取、食物繊維を含んだ食材の摂取など
4. 歯を綺麗にする歯磨きの仕方 :デンタルフロスの使用、プラークテスターの使用など

これら4つのことから、甘いものを食べると虫歯になりやすい理由について分かります。正確には、「甘いものを食べると虫歯になりやすい」ではなく、「糖を摂取すると虫歯になりやすい」と覚えた方が良いでしょう。例え甘くなくても糖が含まれていれば虫歯になりやすくなりますし、一方で例え甘くなくても糖が含まれていなければ、それで虫歯になりやすくなるわけではありません。

PAGE TOP