お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7542-8718

再診・その他のお問い合わせ

044-541-3918

メールお問合せ・予約

メールお問合せ

WEB予約

     

神経を抜くと虫歯になりやすいの?|川崎市の歯医者ならチーム医療の伴場歯科医院

伴場歯科医院
伴場歯科医院
伴場歯科医院へのお問い合わせ:044-541-3918
お問合せ

プライバシーポリシー

求人情報

伴場歯科矯正サイト

神経を抜くと虫歯になりやすいの?

川崎市矢向の歯医者さん、伴場歯科医院です。今回のテーマは「神経を抜くリスク」です。「虫歯治療で神経を抜いた」と気軽に話す人がいますが、神経を抜いたことは深刻な問題です。

神経を抜くと様々なリスクがあり、それでも抜くのはそこまで虫歯が進行していたからです。確かに、神経を抜けばその時の辛い痛みは解消できますが、その後の生活において虫歯になりやすくなってしまうのです。

二次虫歯が起こることの問題

神経を抜いた歯が虫歯になることは、虫歯治療した歯に虫歯が再発したことを意味しています。これを二次虫歯と呼びますが、二次虫歯が起こることは大きな問題と捉えなければなりません。と言うのも、二次虫歯は何度でも繰り返されますし、繰り返されることで歯を失ってしまうからです。

虫歯を治療しなければ虫歯はどんどん進行していきますから、最終的には歯がボロボロになって失われます。しかし二次虫歯の場合、例え治療したとしても繰り返されることで歯を失ってしまいます。虫歯の進行度にもよりますが、虫歯治療ではその過程で歯を削ります。

虫歯が繰り返されればその都度歯を削ることになりますから、歯はどんどん失われていくのです。そして、最初の虫歯治療で神経を抜くとそのリスク…つまり二次虫歯になりやすくなります。ではなぜ神経を抜くと虫歯になりやすくなるのか?…その理由を解説していきます。

栄養が届かなくなる

神経は感覚を伝えるだけでなく、歯に栄養を届ける役割も担っています。このため、神経を抜くと歯に栄養が届かなくなってしまいます。そうなると歯は見た目が黒く変色しますし、何より脆くなってしまいます。

脆くなった歯は抵抗力が弱く、細菌にも感染しやすくなる…つまり虫歯になりやすくなるのです。また耐久性自体も脆くなるため、健康な歯に比べて割れやすくもなります。身体に栄養が届かなくなると考えると怖くなりますが、現実として歯にそれが起こってしまうのです。

二次虫歯に気づかない

一度虫歯治療した歯が再度に虫歯になることを二次虫歯と呼びますが、最初の虫歯治療で神経を抜いている場合、その歯が二次虫歯になっても痛みを感じることは一切ありません。痛みを感じないことは一見メリットのように思えますが、実は大きなデメリットです。

なぜなら、痛みを感じないことで虫歯を自覚できなくなるからです。それも二次虫歯となると歯は詰め物や被せ物で覆われていますから、見た目での虫歯の判断ができません。このため二次虫歯になっても自分が虫歯だと気づかず、その結果虫歯が重症化してしまうのです。

虫歯が進行しやすくなる

虫歯は治療しなければどんどん進行していきますが、それでも身体は防御機能を働かせて虫歯の進行を食い止めようとしています。そして、その役割を担っているのが神経です。

虫歯になると神経は虫歯菌の進行経路に立ちはだかり、進行を塞ごうとするのです。しかし、神経を抜いてしまえばそれもできなくなりますから、虫歯の進行に対してノーガード状態になってしまうのです。

虫歯治療で神経を抜かないためには

虫歯治療で神経を抜かないためには、次の3つのことがポイントになります。

虫歯を予防する

そもそも、虫歯さえ予防すれば神経を抜く以前に治療する必要もありません。これが最も理想であり、健康な歯を維持することができます。

虫歯を早期治療する

「虫歯治療=神経を抜く」とは限らず、神経を抜くのは虫歯が酷く進行している場合です。このため虫歯になっても早期治療すれば、神経を抜くほどの治療は必要なくなります。

腕の良い歯科医から治療を受ける

虫歯治療において歯科医が神経を抜くべきと判断したとして、その判断は本当に正しいのでしょうか。神経を抜かずに治療できる可能性もあるため、治療を受ける歯科医院選びにはこだわるべきです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、神経を抜くリスクについてまとめます。

1. 二次虫歯が起こることの問題 :虫歯を繰り返してその都度歯を削っていては最終的に歯を失う
2. 栄養が届かなくなる :神経は歯に栄養を届けているため、抜いてしまえば歯に栄養が届かなくなる
3. 二次虫歯に気づかない :神経を抜くと痛みを感じなくなるため、虫歯が再発してもそれを自覚できない
4. 虫歯が進行しやすくなる :神経を抜くと虫歯の進行経路を塞ぐ防御機能が失われる
5. 虫歯治療で神経を抜かないためには :虫歯を予防する、虫歯を早期治療するなど

これら5つのことから、神経を抜くリスクについて分かります。虫歯において最も嫌なのは痛みだと回答する人が大半でしょうし、その気持ちは理解できます。確かに神経を抜けばそんな辛い痛みからは解放されますが、その後の問題を考えればデメリットは多いのです。歯に栄養が届かない、歯が脆くなる、痛みを感じなくなる、虫歯に対する防御機能が働かなくなる、これらはいずれも神経を抜くことで生じるデメリットであり、虫歯になるリスクや進行するリスクを高めます。

PAGE TOP