お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7542-8718

再診・その他のお問い合わせ

044-541-3918

メールお問合せ・予約

メールお問合せ

WEB予約

     

どんな歯でもホワイトニングすれば白くなりますか?|川崎市の歯医者ならチーム医療の伴場歯科医院

伴場歯科医院
伴場歯科医院
伴場歯科医院へのお問い合わせ:044-541-3918
お問合せ

プライバシーポリシー

求人情報

伴場歯科矯正サイト

どんな歯でもホワイトニングすれば白くなりますか?

川崎市矢向の歯医者さん、伴場歯科医院です。今回のテーマは「ホワイトニングで白くならないケース」です。ホワイトニングすれば歯は白くなりますが、どんな歯でも白くなるとは限りません。

この場合、重要なのは変色の度合いではなく原因であり、つまり「どのくらいの変色なのか」ではなく「なぜ変色しているのか」がポイントになります。ここでは、ホワイトニングしても歯が白くならないケースについて説明します。

ホワイトニングの仕組み

ホワイトニングすれば歯が白くなりますが、正確には「白くなる」ではなく「白く見える」が正しい表現です。そこで仕組みを説明すると、象牙質は歯の表面ではなくその奥にあるため、象牙質が変色していると表面をいくら綺麗にしても白くすることは不可能です。

ちなみに歯の表面にはエナメル質があり、通常このエナメル質が透明ガラス状態になっているため、その奥の象牙質がうつってしまいます。そこで、薬剤に含まれる過酸化水素や過酸化尿素の効果を利用します。

過酸化水素や過酸化尿素を含んだ薬剤を塗布することで、そこに活性酸素が発生します。そうするとエナメル質の構造が角状から球状に変化し、光が乱反射するようになります。これがマスキング効果となり、象牙質をうつらなくさせて歯が白くなっているように見えるのです。

ホワイトニングしても白くならない歯

次のケースではホワイトニングしてもほとんど白くならない、もしくは効果がありません。

人工の歯

いわゆる詰め物や被せ物、入れ歯やインプラントなどが該当します。例えば銀歯が目立って嫌だという理由でホワイトニングしても、銀歯を白くすることはできません。

<対処方法>
セラミックの詰め物や被せ物にすることです。セラミックは審美性が高く、天然の歯に近い見た目をしています。

テトラサイクリンで変色した歯

テトラサイクリンとは、以前子供の風邪薬に含まれていた抗生物質です。テトラサイクリンによって変色した歯はホワイトニングでもほとんど白くなりません。

<対処方法>
ホワイトコートなら、マニキュアのように歯を白く塗れます。一定期間で剥がれてしまいますが、ホワイトニング同様にホワイトコートは重ねて行えます。

ホワイトニングの種類

歯科治療のホワイトニングには次の3つの種類があります。いずれもホワイトニングの仕組み自体は同じですが、方法や効果において違いがあります。

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングで、歯科医が薬剤を取り扱うため濃度の高いものを使用できます。このため効果が出るのが早く、少ない回数で短期間にて歯を白くできます。ただし後戻りもしやすく、白さを維持するためには定期的にホワイトニングしなければなりません。

ホームホワイトニング

自宅で行うホワイニングで、自分で薬剤を取り扱うため濃度は低くなっています。このため効果が出るまでに時間がかかりますが、一度白くなればそれを長期間維持できます。1日2時間のマウスピース着用が必要なため、その時間を確保できることが治療を受ける前提になります。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用したホワイトニングです。それぞれのホワイトニングのメリットを活かせるため、効果の高さにおいて最も優れた方法です。ただし費用が高く、薬剤を使用する頻度も高いため知覚過敏が起こりやすくなります。

ホワイトニングできない人

ホワイトニングは誰でも治療というわけではありません。明確な制限は定められていないものの、次のことに該当する人はホワイトニングをおすすめできません。

18歳未満

歯が成長途中の段階だと、ホワイトニングの薬剤が歯にとってダメージになってしまい、歯を白くするどころか歯を傷つけてしまいます。

妊娠している

ホワイトニングの薬剤の胎児への影響は明らかになっておらず、そのため安全性を考えて妊娠中、さらに授乳中の女性にホワイトニングはおすすめできません。

虫歯がある

虫歯がある人でもホワイトニングはできますが、流れとしては虫歯治療が優先され、ホワイトニングするのは虫歯の治療を終えてからになります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、ホワイトニングで白くならないケースについてまとめます。

1. ホワイトニングの仕組み :エナメル質の構造を変化させ、マスキング効果によって白く見せている
2. ホワイトニングしても白くならない歯 :人工の歯、テトラサイクリンで変色した歯
3. ホワイトニングの種類 :オフィスホワイトニングとホームホワイトニングとデュアルホワイトニング
4. ホワイトニングできない人 :18歳未満、妊娠中の女性、虫歯がある人

これら4つのことから、ホワイトニングで白くならないケースについて分かります。人工の歯やテトラサイクリンで変色した歯はホワイトニングでも白くならないですし、特に人工の歯の場合はホワイトニング自体をすることができません。

最も、これらの歯を白くする方法はあります。人工の歯は材質をセラミックにすることで白くなりますし、テトラサイクリンで変色した歯もホワイトコートで白く塗れば、美しい白い歯にできます。

PAGE TOP