お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7542-8718

再診・その他のお問い合わせ

044-541-3918

メールお問合せ・予約

メールお問合せ

WEB予約

     

メタルボンドとはどういうものですか?|川崎市の歯医者ならチーム医療の伴場歯科医院

伴場歯科医院
伴場歯科医院
伴場歯科医院へのお問い合わせ:044-541-3918
お問合せ

プライバシーポリシー

求人情報

伴場歯科矯正サイト

メタルボンドとはどういうものですか?

川崎市矢向の歯医者さん、伴場歯科医院です。今回のテーマは「メタルボンドの説明」です。名前からは連想できないかもしれないですが、実はメタルボンドはセラミックの一種です。

セラミック治療で使用するセラミックにはいくつかの種類があり、患者さんは好きな種類のセラミックを選択できます。メタルボンドもその時の選択肢の一つであり、ここではメタルボンドについて説明していきます。

メタルボンドの特徴

セラミックの中でもメタルボンドは少々特殊な仕様になっています。と言うのも、メタルボンドは外見こそセラミックになっているものの、内部は金属のフレームで仕上げてあり、金属を使用していることがメタルボンドの名前の由来でもあります。

イメージとしてはまず金属のフレームがあり、そのフレームにセラミックを焼き付けたのがメタルボンドです。セラミックでありながら一部金属を使用しているメタルボンドですが、金属を使用していることがメタルボンドの長所にも短所にもなっています。

メタルボンドの長所

メタルボンドの長所をまとめると次のようになります。

セラミックは陶器ですから、事故で欠けたり割れたりすることがあります。その点メタルボンドはフレームが金属のため、金属と同じ耐久性の高さを持っています。このため、噛む力の強い奥歯をセラミックにする場合にメタルボンドを希望する人が多くいます。

構造上、メタルボンドは修理しやすくなっています。例えセラミックが割れても、内部の金属のフレームに問題なければ簡単に修理が可能です。ちなみに、ジルコニアセラミックもこれと同じ特徴を持っています。

メタルボンドの短所

メタルボンドの短所をまとめると次のようになります。

金属アレルギーの対象になる

セラミックを希望する人の中には、金属アレルギーを理由にセラミックにする人がいます。金属アレルギーなら銀歯は使用できないですし、その点陶器であるセラミックなら問題ないです。しかしメタルボンドは例外で、金属を使用しているためセラミックでも金属アレルギーの対象になります。

審美性に問題がある

メタルボンドもセラミックですから、銀歯に比べれば審美性は遥かに高くなります。ただし、オールセラミックなどに比べると審美性は劣ります。見る角度によっては金属が見えますし、劣化するとセラミックが剥がれて金属が露出してしまうこともあります。

他のセラミックとの比較

セラミックはメタルボンド以外にオールセラミック、ハイブリッドセラミック、ジルコニアセラミックがあります。メタルボンドをこれらの種類のセラミックと比較すると次のようになります。

オールセラミックと比較した場合

オールセラミックはセラミックの中で審美性も機能性も最上位に位置するため、性能で比較すればメタルボンドの方が劣ります。ただしオールセラミックはそれだけ費用も高いため、メタルボンドの方がお手軽さはあります。

ハイブリッドセラミックと比較した場合

ハイブリッドセラミックはレジンにセラミックの微粒子を練り込んだタイプで、材質的にはレジンに近くなります。このため耐久性の高さはメタルボンドの方が上であり、ハイブリッドセラミックは奥歯には不向きでしょう。元々ハイブリッドセラミックは費用のお手軽さが特徴ですから、他の機能性もメタルボンドの方が優れています。

ジルコニアセラミックと比較した場合

ジルコニアセラミックはメタルボンドの上位タイプであり、耐久性の高さに加えてメタルボンドよりも美しく、さらに金属アレルギーの心配もありません。このためメタルボンドはジルコニアセラミックに劣るもの、ジルコニアセラミックはその分費用が高くなります。

おすすめのセラミックは

メタルボンドはおすすめできるのか?それとも他のセラミックの方がおすすめなのか?
…それについては明確に回答することはできず、なぜなら患者さんの何を求めるのかによっておすすめのセラミックは異なるからです。

例えば、耐久性の高さを重視するなら確かにメタルボンドはおすすめですが、さらに高い審美性も求めるならジルコニアセラミックの方がおすすめです。また、とにかく費用を安くしたいのであればおすすめはハイブリッドセラミックになります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、メタルボンドの説明についてまとめます。

1. メタルボンドの特徴 :外見はセラミックだが、金属のフレームを使用しているため耐久性が高い
2. メタルボンドの長所 :耐久性が高い、修理しやすい(金属のフレームが問題ない場合)
3. メタルボンドの短所 :金属アレルギーの対象になる、審美性に問題がある(角度によっては金属が見える)
4. 他のセラミックとの比較 :オールセラミック、ハイブリッドセラミック、ジルコニアセラミックとの比較を紹介
5. おすすめのセラミックは :患者さんが何を求めるのかによって異なる

これら5つのことから、メタルボンドの説明について分かります。セラミックは知っていても、セラミックに種類があることを知らなかった人は多いのではないでしょうか。今回説明したメタルボンドもそんなセラミックの種類の一つです。セラミックにする時は当然セラミックの種類も選択することになるため、自分に合ったセラミックにするにはそれぞれの特徴を知っておくと良いでしょう。

PAGE TOP