お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7542-8718

再診・その他のお問い合わせ

044-541-3918

メールお問合せ・予約

メールお問合せ

WEB予約

     

セラミックのメリットとデメリットを教えてください|川崎市の歯医者ならチーム医療の伴場歯科医院

伴場歯科医院
伴場歯科医院
伴場歯科医院へのお問い合わせ:044-541-3918
お問合せ

プライバシーポリシー

求人情報

伴場歯科矯正サイト

セラミックのメリットとデメリットを教えてください

川崎市矢向の歯医者さん、伴場歯科医院です。今回のテーマは「セラミックのメリットとデメリット」です。最近は口元の審美性にこだわる人が増え、そのため銀歯よりもセラミックを希望する人が増えています。

ではなぜ銀歯ではなくセラミックを希望するのか?…その理由として最も多いのは審美性の高さです。つまりセラミックには審美性が高いメリットがあり、そのメリットが目立っていますが、その一方でその他のメリット、そしてデメリットもあるため治療を希望する場合にはこれらの把握も必要です。

セラミックのメリット

セラミックには次のメリットがあります。特徴として言えるのは、セラミックは審美性だけでなく機能性も優れているということです。

審美性が高い

セラミックは審美性が高く、パッと見ただけだと天然の歯と見分けがつかないほどです。詰め物や被せ物は本来人には見られたくないものですが、それは銀歯が目立つからであり、セラミックなら審美性が高いため人に見られても気にならなくなります。

二次虫歯を予防しやすい

セラミックは材質的に表面がツルツルしており、プラークが付着しにくくなっています。また、製作における精度も高いため、詰め物や被せ物として使用する時に隙間も生じにくく、そのため銀歯のような虫歯の再発…つまり二次虫歯も起こりにくくなります。

長持ちしやすい

詰め物や被せ物の寿命は毎日のケアで変化するため、セラミックの寿命を一概に断言することはできません。しかし、相対的に保険診療の材質である銀歯より長持ちしやすくなっています。特にオールセラミックは劣化による変色も起こらないため、使用している間はずっと美しさを維持できます。

金属アレルギーの心配がない

金属アレルギーの人はそれが理由で銀歯を使用できません。その点、セラミックは陶器ですから使用しても金属アレルギーの心配はありません。ただし全てのセラミックがこれに該当するわけではなく、一部金属を使用したセラミックも存在します。

セラミックのデメリット

メリットがある一方で、セラミックにはデメリットもあります。ただしセラミックのデメリットは方法次第で解消も可能であり、その点もあわせて説明します。

費用が高い

セラミックには基本的に健康保険が適用されないため、銀歯に比べると費用は高額です。ただしセラミックは医療費控除の対象になりますし、セラミックの種類によっては比較的安く設定されているものも存在します。

欠けや割れの事故が起こる

陶器であるセラミックは、あまり強い力で噛みすぎると欠けたり割れたりすることがあります。最も、耐久性に問題があるわけではないですし、気になるなら耐久性に優れたセラミックも存在します。例えば、金属を使用したメタルボンドや人工ダイヤモンドを使用したジルコニアセラミックなどがあります。

セラミックの種類

セラミックにはいくつか種類があり、それぞれ異なった特徴を持っています。患者さんは好きな種類のセラミックを選択できますが、歯科医院によって取り扱っているセラミックの種類は異なります。

オールセラミック

100%セラミックでできており、審美性においても機能性においてもトップクラスのタイプです。実は100%セラミックなのはオールセラミックのみであり、他のセラミックは別の素材も混ざっています。審美性にとことんこだわる人におすすめで、欠点は他のセラミックに比べて費用が高いことです。

ハイブリッドセラミック

レジンにセラミックの微粒子を練り込んだもので、材質的にはセラミックとレジンの中間に位置します。レジンがベースになっていることで年数経過による変色が起こりますが、その分費用は安く設定されており、「お手軽なセラミック」というのがハイブリッドセラミックの特徴です。

メタルボンド

金属のフレームにセラミックを焼き付けたもので、セラミックでありながら金属並みの耐久性があり、仮にセラミックが割れても中身の金属に問題なければ修復も容易です。欠点は金属アレルギーの対象になることと、劣化するとセラミックが剥がれてしまうことです。

ジルコニアセラミック

イメージとしてはメタルボンドの上位タイプと考えると分かりやすいでしょう。人工ダイヤモンドを使用しているため、メタルボンド同様に耐久性が高いのが特徴です。さらにメタルボンドよりも美しく、金属アレルギーも起こりません。ただしメタルボンドも費用が高くなります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックのメリットとデメリットについてまとめます。

1. セラミックのメリット :審美性が高い、二次虫歯を予防しやすい、長持ちしやすいなど
2. セラミックのデメリット :費用が高い、欠けたり割れたりすることがある
3. セラミックの種類 :オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンド、ジルコニアセラミック

これら3つのことから、セラミックのメリットとデメリットについて分かります。「セラミックの特徴=審美性が高い」のイメージがありますが、実際には他にもメリットがあり、その一方でデメリットもあります。セラミック治療を希望する場合は、これらのメリットやデメリットを全て把握しておくと良いでしょう。

PAGE TOP