お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7542-8718

再診・その他のお問い合わせ

044-541-3918

メールお問合せ・予約

メールお問合せ

WEB予約

     

乳歯はいつか抜けるので虫歯予防は必要ないですか?|川崎市の歯医者ならチーム医療の伴場歯科医院

伴場歯科医院
伴場歯科医院
伴場歯科医院へのお問い合わせ:044-541-3918
お問合せ

プライバシーポリシー

求人情報

伴場歯科矯正サイト

乳歯はいつか抜けるので虫歯予防は必要ないですか?

川崎市矢向の歯医者さん、伴場歯科医院です。今回のテーマは「子供の虫歯予防について」です。子供の乳歯はいずれ抜け、永久歯に生え変わります。

このため、乳歯は大切にしなくても良いと考える方も少なくなく、例えば「乳歯は抜けるから虫歯予防は必要ない」と思っている方もいます。しかしそれは大きな間違いで、例え抜ける乳歯であっても虫歯予防は必要です。

乳歯の虫歯は永久歯に影響する

乳歯でも虫歯予防は大切で、なぜなら乳歯の虫歯は永久歯に影響するからです。永久歯は乳歯が抜けた後に生えてきますが、実際にはもっと前から誕生しています。乳歯の下で、乳歯が抜けて自分が生えるタイミングをずっと待っているのです。ですからその乳歯が虫歯になると、乳歯の下に存在する永久歯に次のことが影響します。

正常な位置に生えてこない

乳歯が虫歯で抜けた場合、その乳歯は想定したよりもずっと早く抜けたことになります。このため永久歯が生える準備が整っておらず、顎の成長なども不充分なまま永久歯が生えてきます。そうなるとスペースも不充分な状態で生えてくるため、永久歯が正常な位置に生えてこなくなります。

変色する

虫歯はどんどん奥…つまり歯の下に向けて進行していき、乳歯もその例外ではありません。このため乳歯が虫歯になって歯の根まで進行した場合、そのすぐ近くに永久歯が存在しています。そうすると永久歯は虫歯菌や他の細菌の影響を受けてしまい、歯の色が変色してしまうことがあります。

…「永久歯が正常な位置に生えてこない」、「変色する」、いずれも永久歯の見た目が悪くなりますし、正常な位置に生えてこないことで歯並びが悪くなれば、見た目だけでなく健康面にも影響します。歯並びが悪いことで虫歯や歯周病になりやすくなりますし、噛み合わせの悪さは頭痛や肩こりを招きます。

乳歯は虫歯になりやすい

上記のことから乳歯でも虫歯予防が大切なことが分かりますが、そこで注意しなければならないのは、乳歯は虫歯になりやすいという点です。ではなぜ乳歯は虫歯になりやすいのか?…その理由として次のことが挙げられます。

乳歯はやわらかい

永久歯と比べると乳歯はやわらかく、そして脆いため細菌に感染しやすくなっています。永久歯でも予防を怠るとたちまち虫歯になってしまいますが、乳歯の場合はそのリスクがさらに高いと考えるべきですし、進行も早くなっています。

歯磨きが上手にできない

虫歯予防の基本は歯磨きですが、子供は歯磨きの技術が高くありません。大人ほど上手に磨けない上、歯磨きを面倒に思ってしまう子供だって多いでしょう。歯磨きを上手にできなければ磨き残しも多いため、それだけ虫歯にもなりやすいのです。

お菓子が好物

子供はお菓子が大好きで、特に糖の含まれたアメやチョコレートなどの甘いお菓子が好きですよね。しかし糖を摂取すると虫歯になりやすく、なぜなら糖は虫歯菌の大好物だからです。お菓子を食べれば食べるほど糖を摂取することになり、その分だけ虫歯になりやすくなります。

…歯磨きの技術やお菓子が好物である点は子供全般に言えることで、永久歯の子供にも該当します。ですから乳歯は虫歯になりやすいのは事実ですが、例え永久歯でも子供は虫歯になりやすいと思っておいた方が良いでしょう。

小児歯科の予防治療

子供の歯科治療は一般歯科でも可能ですが、乳歯の子供なら小児歯科に行くのがおすすめです。また、小児歯科では虫歯の治療だけでなく虫歯を予防するための治療にも力を入れており、定期的に通うことで次のような予防治療を受けられます。

フッ素塗布

歯にフッ素を塗布して、虫歯菌の出す酸に溶かされにくい強くて丈夫な歯にします。現在は歯磨き粉にもフッ素は配合されていますが、それよりも高濃度のものになります。

シーラント

奥歯の溝を専用のプラスチックで塞ぎ、虫歯菌が入り込まないようにします。専用のプラスチックは時間の経過で自然に溶けるため、その後の処置も特に必要ありません。

歯磨き指導

歯磨きが上手にできるよう、歯科医が正しい歯の磨き方を指導します。また、親に向けても正しい仕上げの方法を指導します。

歯のクリーニング

歯磨きで除去しきれない歯の汚れを綺麗に落とします。プラークはもちろん、食べ物による着色などがあった場合も除去できます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、子供の虫歯予防についてまとめます。

1. 乳歯の虫歯は永久歯に影響する :永久歯が正常な位置に生えてこない、変色するなどの影響がある
2. 乳歯は虫歯になりやすい :乳歯はやわらかい、子供は歯磨きが上手にできないなどが理由
3. 小児歯科の予防治療 :フッ素塗布、シーラント、歯磨き指導、歯のクリーニングなどの予防治療がある

これら3つのことから、子供の虫歯予防について分かります。例え乳歯でも虫歯予防は大切で、乳歯が虫歯になれば永久歯にも悪い影響があります。乳歯が虫歯で抜ければ永久歯は早いタイミングで生えてしまい、正常な位置に生えてこなくなります。

また、乳歯の虫歯が進行することで虫歯菌が永久歯に接近し、その影響で永久歯が変色することもあります。これらのことから言えるのは、乳歯の虫歯を予防するのは永久歯を守ることになるということです。定期的に小児歯科に通い、乳歯の虫歯は徹底予防するようにしてください。

PAGE TOP