お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7542-8718

再診・その他のお問い合わせ

044-541-3918

メールお問合せ・予約

メールお問合せ

WEB予約

     

虫歯と歯周病、先に治療すべきなのはどっち?|川崎市の歯医者ならチーム医療の伴場歯科医院

伴場歯科医院
伴場歯科医院
伴場歯科医院へのお問い合わせ:044-541-3918
お問合せ

プライバシーポリシー

求人情報

伴場歯科矯正サイト

虫歯と歯周病、先に治療すべきなのはどっち?

川崎市矢向の歯医者さん、伴場歯科医院です。今回のテーマは「虫歯と歯周病の治療の優先順位」です。虫歯も歯周病も怖い病気ですから、発症した以上は必ず治療しなければなりません。

とは言え、それぞれの治療方法は全く異なるため、両方同時に治療することは不可能です。そうなるとどちらか一方の治療を優先することになりますが、虫歯と歯周病ではどちらの治療を優先すべきなのでしょうか。

歯は建物、歯を支える骨は土台

歯は歯槽骨と呼ばれる顎骨に支えられており、これを建物に例えれば歯は建物、歯槽骨は土台になります。虫歯は歯の病気で歯周病は歯を支える骨の病気ですから、この例えに沿って言うなら虫歯は建物が破損した状態であり、歯周病は土台がぬかるんだ状態です。

さて、この例えから治療の優先順位が見えてくると思いますが、基本的には歯周病の治療が優先されます。と言うのも、土台がぬかるんだ状態では建物の修理がしづらいからで、まずは歯周病を治して土台を安定させて、それから建物の修理…つまり虫歯の治療をするのが基本です。

最優先すべきなのは患者さんの負担を減らすこと

虫歯と歯周病の両方になった場合、上記で説明したとおり歯周病の治療を優先するのが基本です。しかしあくまでそれは基本であり、実際には患者さんの負担を減らすことを最優先に考えます。ですから虫歯の痛みが酷い時など、場合によっては虫歯治療を優先することもあります。

また、一方の治療を始めた時点でその治療を最後まで行うとは限りません。例えば、「虫歯治療でひとまず痛みを解消」→「歯周病治療」→「歯周病治療を終えた後に虫歯治療の続き」、このように状況に応じて治療を切り替えることだって可能です。

一方の治療が同じ歯科医院でできないケース

虫歯の治療も歯周病の治療も基本的には同じ歯科医院で受けられますが、症状の度合いや患者さんの要望によってはそれができないケースもあります。つまり、虫歯治療はできるけど歯周病治療の一部ができない…こうしたケースがあるということです。

セラミック治療を希望するケース

虫歯治療では最終的に詰め物や被せ物で処置しますが、その材質にセラミックを希望した場合、セラミック治療に対応した歯科医院でなければなりません。また、取り扱っているセラミックの種類も歯科医院によって異なります。

フラップ手術が必要なケース

歯周病治療の基本はプラークコントロールと歯石の除去…つまり口の中を清潔にすることです。しかし歯周病が酷く進行している場合、歯肉を切開するフラップ手術が必要です。歯科医院によってはこのフラップ手術に対応していないこともあります。

骨の再生療法を希望するケース

歯周病によって溶かされた歯槽骨はそのままですが、治療によっては再生を促すことも可能です。それが骨の再生療法であり、いわゆるGTR法やエムドゲイン法がこれに該当します。これらの治療に対応した歯科医院は少なく、多くの一般歯科では対応していないのが現状です。

…このようなケースではその歯科医院で治療を受けることが不可能なため、必要な場合や希望する場合は歯科医への相談、もしくは歯科医の指示に従ってください。

歯周病治療の専門医

虫歯治療も歯周病治療も歯科医によって腕の差があります。そして患者さんが歯科医の腕を判断するのは難しいですが、歯周病治療においては日本矯正歯科学会の専門医の資格に注目することで、歯科医の腕を判断できます。

歯科治療は様々な分野においてその治療のプロフェッショナルを育成する学会が存在し、歯周病治療において最も規模の大きな学会が日本矯正歯科学会です。日本矯正歯科学会では資格制度を設けており、それが認定医・専門医の資格です。

これらの資格を持つ歯科医は歯周病治療において高い技術と経験があり、特に専門医の資格を持つ歯科医は歯周病治療の腕の信頼が高く、実績もあります。専門医の在籍する歯科医院は、日本矯正歯科学会のWEBサイトにて確認できます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯と歯周病の治療の優先順位についてまとめます。

1. 歯は建物、歯を支える骨は土台 :土台の修理、つまり歯周病治療が基本的に優先される
2. 最優先すべきなのは患者さんの負担を減らすこと :痛みを解消するため、虫歯治療を優先することもある
3. 一方の治療が同じ歯科医院でできないケース :治療内容や要望によっては対応できないこともある
4. 歯周病治療の専門医 :日本矯正歯科学会の専門医は、歯周病治療の腕の良さを示す資格である

これら4つのことから、虫歯と歯周病の治療の優先順位について分かります。基本的には歯周病の治療が優先されますが、その点は気にせず歯科医に何でも相談してください。例えば虫歯の痛みが辛い場合、それを我慢してまで歯周病の治療を受ける必要はありません。痛みが辛いことを伝えれば、状態によって一時的に虫歯治療を優先することができますし、優先順位として最も優先されるのは患者さんの負担を減らすことにあるのです。

PAGE TOP