お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7542-8718

再診・その他のお問い合わせ

044-541-3918

メールお問合せ・予約

メールお問合せ

WEB予約

     

銀歯を白くするにはセラミックしかないですか?|川崎市の歯医者ならチーム医療の伴場歯科医院

伴場歯科医院
伴場歯科医院
伴場歯科医院へのお問い合わせ:044-541-3918
お問合せ

プライバシーポリシー

求人情報

伴場歯科矯正サイト

銀歯を白くするにはセラミックしかないですか?

川崎市矢向の歯医者さん、伴場歯科医院です。今回のテーマは「銀歯を白くしたい場合」です。歯を白くする方法と言えばホワイトニングですが、ホワイトニングも決して万能な治療ではありません。

と言うのも、どんな歯でも白くできるとは言い切れず、効果がない場合もあるからです。例えば被せ物のような人工物をホワイトニングすることはできず、目立つ銀歯で悩んでいる方はセラミック治療を受けなければなりません。

セラミック治療とは

セラミック治療とは、詰め物や被せ物をセラミックにするための治療です。虫歯治療で詰め物や被せ物で処置する際はもちろん、既に銀歯を使用している方がセラミックに交換することも可能です。

ただし銀歯は健康保険が適用されるため費用は安く、中には費用自体気にしない方もいるでしょう。しかしセラミック治療では健康保険が適用されないため、費用が高額になり、セラミック治療を受ける際には予算も考えておく必要があります。

セラミックにするメリット

そもそも銀歯をセラミックに交換することでメリットはあるのか?…答えはイエスです。そこで、セラミックにすることでのメリットを実際に挙げていきます。

メリット1. 審美性が高い

今回のテーマでもある「銀歯を白くする」に関係したメリットです。セラミックも銀歯と同じ詰め物や被せ物ですが、その審美性には大きな差があります。目立つ銀歯に比べてセラミックは審美性が高く、天然の歯に近い白さを再現できます。

メリット2. 二次虫歯を防ぎやすい

銀歯は接着が剥がれやすいため、歯との間に隙間が生じて虫歯の再発が起こります。その点セラミックは歯としっかり接着しますし、材質的にもプラークが付着しにくくなっています。このため、隙間の発生を防いで二次虫歯を予防しやすいのです。

メリット3. 長持ちする

詰め物や被せ物の寿命は使用方法で大きく左右するため、一概に寿命の長さを断言できません。ただしケアを万全に行うことを前提で考えれば、相対的に考えて保険診療の銀歯よりも自由診療のセラミックの方が材質的に優れているため長持ちします。

メリット4. 金属アレルギーが起こらない

銀歯は金属ですから、金属アレルギーの方にとってはその対象になります。その点セラミックは陶器ですから、金属アレルギーの方でも安心して使用できます。ただしメタルボンドと呼ばれるタイプは例外で、一部金属を使用しているためこのメリットには該当しません。

セラミック治療を受けるには

歯科医院にはそれぞれ診療科目が設けられています。ちなみに銀歯は虫歯治療の処置として使用するため、一般歯科であればまず対応できるでしょう。しかしセラミックは審美目的を兼ねているため、対応できるのは審美歯科になります。

中には一般歯科でもセラミック治療に対応した歯科医院がありますが、その割合は銀歯に比べて少ないと考えた方が良いでしょう。また、取り扱っているセラミックの種類は歯科医院ごとで異なります。

<補足>
セラミック治療に対応した歯科医院の探し方として確実なのは、歯科医院のWEBサイトで確認することです。実際、審美歯科でもインプラントや矯正治療しか対応していない歯科医院もあるかもしれません。その点、WEBサイトで確認すればセラミック治療に対応しているかどうかはすぐに分かります。

セラミックにするデメリット

審美性の高さ、二次虫歯の予防のしやすさなど、セラミックは銀歯に比べて優れた部分が多いものの、その一方でデメリットがあることも事実です。このため、セラミック治療を検討する際はメリットだけでなくデメリットも把握しておきましょう。

デメリット1. 費用が高い

自由診療であるセラミックは費用が高いため、お手軽な治療とは言えません。最も、セラミックにはそれに見合った価値があるため、ただ単に高いと言うわけではありません。ちなみに銀歯ほどではないものの、ハイブリッドセラミックなら比較的安く設定されています。

デメリット2. 欠けることや割れることがある

陶器であるセラミックは、あまり強い力で噛むと欠けることや割れることがあります。実際、単純な強度においては金属である銀歯の方が上でしょう。ただしメタルボンドやジルコニアセラミックなど、強度の高さを特徴としたセラミックもあります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、銀歯を白くしたい場合についてまとめます。

1. セラミック治療とは :詰め物や被せ物をセラミックにするための治療
2. セラミックにするメリット :審美性が高い、二次虫歯を防ぎやすい、長持ちするなど
3. セラミック治療を受けるには :セラミック治療対応の可否を歯科医院のWEBサイトで確認するのが確実
4. セラミックにするデメリット :費用が高い、欠けることや割れることがある

これら4つのことから、銀歯を白くしたい場合について分かります。銀歯を白くするのは実質不可能ですから、方法としてはセラミックに交換することです。ただし銀歯とセラミックは特徴が全く異なるため、セラミック治療を検討する場合はセラミックについてしっかりと把握してからにしましょう。

PAGE TOP