お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7542-8718

再診・その他のお問い合わせ

044-541-3918

メールお問合せ・予約

メールお問合せ

WEB予約

     

神経は抜かないほうがいい?|川崎市の歯医者ならチーム医療の伴場歯科医院

伴場歯科医院
伴場歯科医院
伴場歯科医院へのお問い合わせ:044-541-3918
お問合せ

プライバシーポリシー

求人情報

伴場歯科矯正サイト

神経は抜かないほうがいい?

川崎市矢向の歯医者さん、伴場歯科医院です。
今回のテーマは「神経は抜かない方が良いのか」です。
虫歯治療で神経を抜くケースがありますが、実際には抜かない方が良いのでしょうか。

これについてお答えすると、答えはイエス…つまり抜かない方が良いでしょう。
最も、歯科医もその点については当然承知しているため、治療を誤って抜いてしまうわけではありません。
治療で神経を抜く場合、そうしなければならない状態になっているからです。

虫歯で神経を抜かなければならないケース

歯は外側からエナメル質、象牙質、神経の構造でできており、虫歯は外側に発生します。
つまり最初はエナメル質が虫歯菌に感染しますが、進行は内側に向かって進んできます。
つまり、虫歯が進行することで虫歯菌がどんどん神経に近づいてくるのです。

象牙質まで虫歯が進行した時点で痛みを感じるようになりますが、
神経が虫歯菌に感染するとその反応として炎症が起こり、常に激痛を感じるようになります。
この炎症が元に戻せない状態になると、治療で神経を抜かなければなりません。

神経を抜くとどうなるか

神経を抜けば痛みを感じなくなるため、それまで感じていた激痛が解消されます。
また、根管治療を行うことで虫歯の進行を食い止めることができます。
これらは一見メリットに思えますが、それは現在虫歯で激痛に悩まされているからです。

虫歯を治療した後は、神経を抜いたことによるデメリットを実感することになります。
そこで、神経を抜く…つまり失うことによるデメリットを挙げてみます。

歯に問題が起きた時に気づきにくくなる

神経を抜けば痛みを感じなくなりますが、痛みは歯の異常を知らせるための自覚症状です。
実際、ほとんどの方は「歯の痛み」という自覚症状によって虫歯に気づくと思います。
つまり痛みを感じなくなれば、このように歯に問題が起こった時に気づきにくくなるのです。

歯が脆くなる

歯に栄養や水分を届けるのは神経の役目ですから、神経を抜いてしまえばこれらが歯に行き届かなくなります。
栄養が行き届かない歯は、栄養を摂取しない身体と同じで弱くなってしまいます。
脆くやわらかいことで歯が欠ける、割れるなどの問題が起きやすく、さらに細菌にも感染しやすくなります。

被せ物を立てなければならない

神経を抜いた歯は脆いため、それを補うために被せ物を立てて処置することがほとんどです。
しかし銀歯の被せ物は目立ちますし、美しいセラミックの被せ物は費用が高い問題があります。
また、被せ物は調整が万全でないと噛み合わせが悪くなる原因になります。

虫歯に対して弱くなる

虫歯になると神経の防御機能が働きます。歯が溶かされないよう強度を高め、虫歯の進行を防ぐために虫歯菌の進行経路を妨げます。しかし神経を抜けばこうした防御機能が働かなくなるため、虫歯になった時に進行しやすくなります。

…神経を抜くとこのようなデメリットがあり、さらに歯も黒く変色してしまいます。それでもなぜ神経を抜くのかと言えば、虫歯が進行して神経を抜かなければならない状態になっているからです。

根管治療の流れ

神経を抜く治療とは、歯の神経を抜いた後に神経の通る根管を清掃・消毒する治療であり、これを根管治療と呼びます。根管治療は次のような流れになります。麻酔を行ってから虫歯を削り、神経を除去します。これは、リーマーなどの器具を使用して手作業で行います。

その後に薬剤で根管内を洗浄し、細菌を全て除去した上で薬を詰めて封をします。神経の除去、洗浄、薬を詰める…根管内が完全に綺麗になるまで、この流れを繰り返すことになります。そして根管内が完全に綺麗になったら、最後に薬を詰めて封をして治療は終わりです。

根管治療の欠点は治療の難易度が高いことで、なぜなら清掃する根管の形状は人によって異なり、さらに根管内の細菌が目で見えないからです。このため治療時はレントゲンやCTを使用しますし、患者さんとしても信頼できる歯科医院で治療を受けるべきでしょう。

神経を抜かずに治療するには

神経を抜かずに虫歯を治療するには、そこまで虫歯が進行するまでに治療することです。虫歯は最初歯の表面にできますが、進行すると象牙質、神経と徐々に奥に進んでいきます。このため、例え虫歯になっても神経まで進行する前に治療すれば良いのです。

それには虫歯を自覚したらすぐ歯科医院に行くことが大切ですし、確実なのは定期的に検診を受けて虫歯の早期発見を可能な状況にすることです。また、定期的な検診は虫歯を早期発見できるだけでなく、虫歯の予防においても高い効果があります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、神経は抜かない方が良いのかについてまとめます。

1. 虫歯で神経を抜かなければならないケース :虫歯が神経まで進行し、炎症が起こって元に戻らない場合
2. 神経を抜くとどうなるか :痛みは解消されるが、歯に問題が起きても気づきにくいなどのデメリットがある
3. 根管治療の流れ :虫歯の除去→神経の除去→根管内の洗浄→薬剤を詰める
4. 神経を抜かずに治療するには :虫歯になった時に早期治療する

これら4つのことから、神経は抜かない方が良いのかについて分かります。失った神経は取り戻すことができず、そう考えると神経を抜くのは大変なことです。最も、虫歯を放置さえしなければそんな事態にはなりません。定期的な検診を受けていれば、例え虫歯になっても早期発見が可能ですし、早期発見すれば、神経を抜かなければならないほど虫歯が進行していることはまずありません。

PAGE TOP