お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7542-8718

再診・その他のお問い合わせ

044-541-3918

メールお問合せ・予約

メールお問合せ

WEB予約

     

「神経を抜く」ってどういうこと?|川崎市の歯医者ならチーム医療の伴場歯科医院

伴場歯科医院
伴場歯科医院
伴場歯科医院へのお問い合わせ:044-541-3918
お問合せ

プライバシーポリシー

求人情報

伴場歯科矯正サイト

「神経を抜く」ってどういうこと?

川崎市矢向の歯医者さん、伴場歯科医院です。
今回のテーマは「神経を抜くこと」です。虫歯治療では、虫歯の症状によっては神経を抜くことがあります。

実際、治療の際に「神経を抜きましょう」と歯科医に言われた経験のある方もいると思いますが、「虫歯治療=歯を削る」のイメージが強いため、その言葉に抵抗を感じてしまうでしょう。そこで、ここでは神経を抜くことをテーマにしたお話をしていきます。

神経のある箇所

もちろんここで言う神経とは歯の神経のことですが、では神経はどこにあるのでしょうか。これは歯の構造から説明すると分かりやすいと思います。まず歯の表面はエナメル質で覆われており、エナメル質は歯を保護しています。

そしてエナメル質の奥には象牙質があり、ここまで虫歯が進行すると歯が痛みます。これは、象牙質まで虫歯が進行したためエナメル質の保護が及ばなくなるからです。そして、象牙質のさらに下…そこに歯の神経はあります。

根管治療

神経を抜く際に必要なのが根管治療です。根管とは神経が入っている歯の内部であり、そこには血管も通っています。歯の神経まで虫歯が進行した場合、根管内…つまり歯の内部に細菌が入っていますから、細菌に感染した神経を全て除去し、根管内の清掃と消毒を行うのが根菅治療の目的です。

根管治療によって神経を抜くメリットは2つあります。1つは神経を除去するため痛みを解消できることで、虫歯が神経まで進行した場合の激しい痛みを完全に感じなくなります。もう1つのメリットは虫歯の進行を食い止められることで、神経を除去して封をすることで虫歯の進行経路を塞ぎ、それ以上の虫歯の進行を防ぎます。

神経を抜くデメリット

痛みを解消できる、虫歯の進行を食い止める…神経を抜くことではこれらのメリットがある一方で、デメリットもあります。そこで、神経を抜くことでのデメリットを次にまとめます。

歯の異常に気づけなくなる

歯の痛みは辛いですが、それは歯の異常に気づくきっかけとなる大切な自覚症状とも言えます。神経を抜いてしまえば、例え今後歯に異常が起こっても一切痛みを感じなくなります。そして痛みという自覚症状を失えば、歯の異常にも気づけなくなってしまいます。

歯が脆くなって見た目も悪くなる

神経は歯に栄養を届ける役割も担っているため、抜いてしまえばそれができなくなります。つまり、歯に栄養が行き届かなくなるのです。栄養が行き届かなくなった歯は脆くなり、さらに見た目も黒く変色してしまいます。

虫歯への抵抗力が失われる

虫歯になった場合、神経はそれに対抗する力を発揮します。具体的には歯を強くして、さらに虫歯の進行経路を塞ごうとするのです。しかし神経を抜くことでその力が発揮されなくなり、歯は虫歯に感染しやすく、さらに進行もしやすくなります。

メリットとデメリットの比較

では、上記で説明してきた歯の神経を抜くメリットとデメリットを改めて比較してみます。

<メリット>
・虫歯の痛みを解消できる
・虫歯の進行を食い止める

<デメリット>
・歯の異常に気づけなくなる
・歯が脆くなり、見た目も悪くなる
・虫歯への抵抗力が失われる

…まずメリットに注目してほしいのですが、いずれも歯が虫歯になった状態の時だけ得られるメリットであり、歯が健康な状態であれば一切のメリットがないことが分かります。つまり虫歯治療して歯が健康になれば、その時点で歯の神経を抜くメリットは一切なくなり、あるのはデメリットだけになってしまいます。

この点から分かるとおり、歯の神経を抜くことにはデメリットの方が多く、本来なら比較するまでもなく抜かない方が良いのです。ではなぜ神経を抜くのか?…それは神経を抜かなければならないほど、虫歯が進行しているからです。

神経を抜かずにすむ方法

歯の神経は抜かない方が良いのですが、虫歯の進行度によっては抜かなければなりません。ではどうすればそんな事態にならなくてすむのか?…その方法は難しくありません。それには虫歯を予防して、例え虫歯になっても早く治療すれば良いのです。

どんな虫歯でも、虫歯になった瞬間に神経まで進行することはなく、治療せずに放置してしまうことで神経まで進行するのです。逆に言えば、そこまで虫歯が進行するまでにきちんと歯科医院に行って治療すれば良いのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、神経を抜くことについてまとめます。

1. 神経のある個所 :歯の表面にはエナメル質があり、その奥には象牙質がある。神経は象牙質の下にある
2. 根管治療 :神経を抜く際に必要な治療。根管内の清掃と消毒をして、それ以上の虫歯の進行を防ぐ
3. 神経を抜くデメリット :歯の異常に気づけなくなる、歯が脆くなって見た目が悪くなるなど
4. メリットとデメリットの比較 :明らかにデメリットの方が多く、本来なら抜かない方が良い
5. 神経を抜かずにすむ方法 :虫歯を予防する。仮に虫歯になっても早く治療する

これら5つのことから、神経を抜くことについて分かります。神経を抜いた方が良いか、抜かない方が良いか?…その答えは当然後者です。それでも神経を抜くのは、そうしなければならない状態になっているからで、本来ならもっと早く虫歯を治療しなければならないですし、そうすれば神経を抜くことにもなりません。

PAGE TOP