お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7542-8718

再診・その他のお問い合わせ

044-541-3918

メールお問合せ・予約

メールお問合せ

WEB予約

     

セラミックにも種類があると聞いたのですが、どのような種類を知っておけばいいですか?|川崎市の歯医者ならチーム医療の伴場歯科医院

伴場歯科医院
伴場歯科医院
伴場歯科医院へのお問い合わせ:044-541-3918
お問合せ

プライバシーポリシー

求人情報

伴場歯科矯正サイト

セラミックにも種類があると聞いたのですが、どのような種類を知っておけばいいですか?

川崎市矢向の歯医者さん、伴場歯科医院です。
今回のテーマは「セラミックの種類について」です。
セラミックにはいくつか種類があり、患者さんは好きな種類のセラミックを選択できます。

また、取り扱っているセラミックの種類は歯科医院ごとで異なります。
このため、患者さんもセラミックの種類を把握しておくと自分に合ったものを探しやすくなるため、
ここではセラミックの種類について説明していきます。

オールセラミック

100%セラミックでできており、セラミックの中で最も美しいタイプです。
セラミックならではの白さはもちろん、天然の歯に近い光沢もあるため、
詰め物や被せ物として使用した時に人工の歯と見間違えるほどの美しさを持っています。

さらに機能性も高く、年数経過による変色も起こらないため美しさをずっと維持できます。
このように審美性においても機能性においてもセラミックの中で最上位に位置しますが、
その分費用が高いのが欠点のため、審美性や機能性にとことんこだわりたい方向けのタイプです。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドの名が示すとおり別の材質も混ざっており、セラミックとレジンが混ざったタイプです。
レジンが混ざっているためセラミックでありながら柔軟性があり、
そのため隣接する歯を傷つける心配がないのがメリットです。

また、オールセラミックをはじめとした他の種類のセラミックよりも安いため、
お手軽なセラミックとして位置づけられています。
ただし費用が安い分、審美性はオールセラミックに劣りますし、年数経過による変色も起こります。

メタルボンド

メタルの名から想像できるとおり、一部金属を使用したセラミックです。
外見はセラミックで覆われているものの、見えない箇所には金属を使用しています。
このため年数経過によって劣化が起こるとセラミックが剥がれ、金属が露出してしまうことがあります。

さらに金属を使用している点から、セラミックでありながら金属アレルギーの対象にもなります。
これらの点だけに注目すると欠点が多い印象の強いメタルボンドですが、
長所は金属を使用しているため耐久性に優れていることで、そのため奥歯に使用する際におすすめです。

ジルコニアセラミック

人工ダイヤモンドを使用したタイプで、メタルボンドの上位に位置するタイプです。
見た目はメタルボンドより美しく、さらに金属を使用していないため金属アレルギーの心配もありません。
そして耐久性が高いため、メタルボンド同様奥歯に使用する際におすすめです。

光沢の差を除けばオールセラミックに匹敵するほど美しいため、
耐久性と審美性の高さを求めるならオールセラミックよりもジルコニアセラミックの方が良いでしょう。
ただしジルコニアセラミックは新しいタイプのため、取り扱っている歯科医院がまだ少ないのが欠点です。

健康保険適用のハイブリッドセラミック

例外として、健康保険適用のハイブリッドセラミックも存在します。
本来セラミックは健康保険が適用されないものの、
ハイブリッドセラミックに限って国が定めた基準を満たす場合のみ健康保険が適用されます。

ただしその基準は厳しく、治療の対象になる歯の箇所が限定されています。
さらに詰め物の場合は健康保険が適用されないですし、歯科医院の設備も基準に含まれています。
また、このハイブリッドセラミックは従来のハイブリッドセラミックとは別物で、審美性や機能性で劣ります。

セラミックのメリット

セラミックの種類は上記のとおりですが、そもそもセラミックにはどのようなメリットがあるのでしょうか。
そこで、全ての種類のセラミックに共通する…言わばセラミックのメリットを説明します。

・審美性が高い
見た目の美しさがセラミックの最大のメリットです。
ハイブリッドセラミックは審美性で劣りますが、それでも銀歯よりは遥かに高い審美性を誇ります。

・二次虫歯を予防できる
セラミックは銀歯と違ってプラークが付着しにくい材質です。
さらに歯ともピッタリ接着するため、虫歯の再発を予防しやすいのです。

・寿命が長い
セラミックも人工物ですから永久に使用することはできません。
しかし寿命は銀歯に比べて長く、ケア次第で10年以上使用できます。

・金属アレルギーが起こらない
セラミックは陶器ですから金属アレルギーの対象外です。
ただしメタルボンドは例外で、これについては一部金属を使用しているため金属アレルギーの対象です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックの種類についてまとめます。

1. オールセラミック :セラミックの中で最も美しく、全てのセラミックの中で最上位のタイプ
2. ハイブリッドセラミック :レジンが混ざっているため費用が安く、お手軽なタイプのセラミック
3. メタルボンド :金属を使用しているため耐久性の高いタイプ
4. ジルコニアセラミック :メタルボンド同様に耐久性が高く、メタルボンドよりも美しい
5. 健康保険適用のハイブリッドセラミック :従来のハイブリッドセラミックとは別物
6. セラミックのメリット :審美性が高い、二次虫歯を予防できる、寿命が長い、金属アレルギーが起こらない

これら6つのことから、セラミックの種類について分かります。
セラミックは現状、オールセラミックとハイブリッドセラミック、
さらにメタルボンドとジルコニアセラミックの4種類が存在します。
また、正確には健康保険適用のハイブリッドセラミックは従来のハイブリッドセラミックとは別物です。

PAGE TOP