お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7542-8718

再診・その他のお問い合わせ

044-541-3918

メールお問合せ・予約

メールお問合せ

WEB予約

     

セラミック治療に健康保険は適用されますか?|川崎市の歯医者ならチーム医療の伴場歯科医院

伴場歯科医院
伴場歯科医院
伴場歯科医院へのお問い合わせ:044-541-3918
お問合せ

プライバシーポリシー

求人情報

伴場歯科矯正サイト

セラミック治療に健康保険は適用されますか?

川崎市矢向の歯医者さん、伴場歯科医院です。
今回のテーマは「セラミック治療と健康保険適用の有無」です。
詰め物や被せ物は虫歯の治療跡を覆って保護するためのものですから、身体の健康のために必要です。

と言うことは、詰め物や被せ物として使用するセラミックには健康保険が適用されるイメージがありますが、
実際にはセラミック治療には基本的に健康保険が適用されません。これについて疑問に思う方も多いため、
今回はセラミック治療と健康保険適用をテーマにしたお話をしていきます。

健康保険適用の基準

健康保険は歯科治療の全てに適用されるわけではなく、国が定めた基準を満たす治療のみ適用されます。
その基準を、多くの人は「身体の健康目的のために必要な治療」と認識しており、
だからこそ完全な審美目的であるホワイトニングに健康保険が適用されないのは納得だと思います。

しかし、正確な基準は「身体の健康目的のために必要な最低限の治療」であり、
「最低限」というワードが理由でセラミック治療に健康保険が適用されないのです。
セラミックは詰め物や被せ物として使用するため、セラミック治療は確かに健康目的の治療です。

しかし最低限とは言えず、なぜなら審美性の高さなどの付加価値があるからです。
つまりセラミック治療に健康保険が適用されないのは、
健康保険適用の基準となる「健康目的のために必要な最低限の治療」の「最低限」を満たしていないからです。

セラミックに健康保険が適用されるケース

冒頭で「セラミックは基本的に健康保険が適用されない」とお伝えしましたが、
「基本的に」とつけたのは例外…つまり、健康保険が適用されるケースがあるからです。
これは平成26年の4月以降、セラミック治療における健康保険適用の基準が改定されたためです。

とは言え、無条件で健康保険が適用されるわけではなく、いくつかの基準を満たした場合に限られます。
そしてその基準は厳しくなっているため、健康保険が適用されるのは例外のケースと捉えた方が良いでしょう。
ちなみに、健康保険適用のために定められた基準を簡単にまとめると以下のようになります。

・対象となる歯は「第一小臼歯」、「第二小臼歯」、「第一大臼歯」、「第二大臼歯」に限定
※「第一大臼歯」と「第二大臼歯」は金属アレルギーの方のみ(医療機関での診断が必要)

・セラミックの種類はハイブリッドセラミックに限定
※従来のハイブリッドセラミックとは別物で、審美性や耐久性が劣る

・被せ物に限定
※詰め物の場合は健康保険が適用されない

・厚生労働省が定めた歯科用CAD/CAM装置で製作する
※歯科技工士が手作業で製作したものは対象外

…専門用語もあるため分かりづらいかもしれませんが、
簡単に言うと「治療対象となる歯の歯所」と「歯科医院の設備」が基準のポイントになっています。
つまり、どの歯でもどの歯科医院でも健康保険が適用されるというわけではないのです。

このため、現状では気軽に健康保険適用でセラミック治療を行えるとは言えません。
最も、セラミック治療における健康保険適用の基準は徐々に緩和されつつあり、
ここ最近ではおよそ2年ごとに改定されているため、今後はこの基準がさらに変更となる可能性はあります。

セラミックの種類

現状セラミックには以下の4つの種類があります。その中にはハイブリッドセラミックもありますが、
上記でお伝えしたとおり健康保険適用のハイブリッドセラミックは従来のハイブリッドセラミックとは別物です。
以下の4種類を希望する場合は、例外なく健康保険は適用されません。

オールセラミック

セラミックの中で最も美しく、審美性と機能性において最上位に位置するタイプです。
年数経過による変色も起こらないため、使用している間はずっと美しさを維持できます。
また、100%セラミックであることから金属アレルギーも起こりません。

ハイブリッドセラミック

セラミックとレジンが混ざったタイプで、レジンが混ざっていることが長所にも短所にもなっています。
長所はオールセラミックに比べて費用が安く、レジンの柔軟性によって隣接する歯を傷つけないことです。
一方短所はレジンの影響で年数経過による変色が起こることで、審美性に強くこだわる方には不向きです。

メタルボンド

セラミックは陶器ですから耐久性を心配する声もあり、あまり強い力で噛むと欠けることがあります。
メタルボンドは外見がセラミックでも中身は金属のため、セラミックでありながら高い耐久性を持っています。
ただし金属を使用している点から、金属アレルギーの対象になります。

ジルコニアセラミック

メタルボンド同様、高い耐久性を持っているため奥歯に最適なセラミックです。
さらにメタルボンドよりも美しく、金属アレルギーの心配もありません。
ただしジルコニアセラミックは比較的新しいタイプのため、取り扱っている歯科医院はまだ少なめです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミック治療と健康保険適用の有無についてまとめます。

1. 健康保険適用の基準 :身体の健康目的のために必要な最低限の治療
2. セラミックに健康保険が適用されるケース :ハイブリッドセラミックは健康保険が適用されるケースがある
3. セラミックの種類 :オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンド、ジルコニアセラミック

これら3つのことから、セラミック治療と健康保険適用の有無について分かります。
セラミックはハイブリッドセラミックのみ、一定の基準を満たした場合は健康保険が適用されます。
ただし対象となる歯と歯科医院の設備が限定されており、常に適応できるほどの手軽さはありません。

このため、「基本的に健康保険は適用されないが例外がある」と捉えるくらいが良いでしょう。
また、健康保険適用となるハイブリッドセラミックは従来のハイブリッドセラミックとは別物ですし、
その他の種類のハイブリッドセラミックにおいては例外なく健康保険は適用されません。

PAGE TOP