お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7542-8718

再診・その他のお問い合わせ

044-541-3918

メールお問合せ・予約

メールお問合せ

WEB予約

     

歯を失う原因の1位が歯周病ってホント?|川崎市の歯医者ならチーム医療の伴場歯科医院

伴場歯科医院
伴場歯科医院
伴場歯科医院へのお問い合わせ:044-541-3918
お問合せ

プライバシーポリシー

求人情報

伴場歯科矯正サイト

歯を失う原因の1位が歯周病ってホント?

川崎市矢向の歯医者さん、伴場歯科医院です。
今回のテーマは「歯を失う原因の1位が歯周病なのは本当なのかについて」です。
歯を失う原因は様々ですが、その中でも1位は歯周病だと言われています。

これは事実であり、日本人にとっては虫歯以上に歯周病の問題が深刻だと言えるでしょう。
しかし、そもそもなぜ歯周病で歯を失う人がそこまで多いのでしょうか?
そこで、ここでは歯周病が歯を失う原因の1位になっている現状とその理由を考えていきます。

1. 歯周病だと気づきにくい

歯周病の初期段階では自覚症状がほとんどありません。つまり、虫歯のように痛むこともないのです。
これを聞いて歯周病は怖くないと思った人は危機感を持ってください。
と言うのも、自覚症状がなければそもそも自分が歯周病であることに気づけないからです。
虫歯治療で歯科医院に行く人は虫歯だと自覚しているからですし、それは歯が痛むからでしょう。

一方歯周病にはそういった自覚症状がないため、歯周病が引き起こされても気づきにくいのです。
気づかなければ歯科医院にも行かないでしょうし、そうなれば歯周病は進行する一方です。
そしていざ気づいた時には既に重症化しており、歯を残せないといった結果を招いてしまうのです。
これが歯周病で歯を失う人が多い理由であり、例えるなら末期になるまでガンに気づかないのと同じです。

2. 軽く見られやすい

虫歯と歯周病を比較すれば、ほぼ全ての人が虫歯の方が嫌だと答えるでしょう。
なぜなら虫歯には痛みがありますし、進行すればするほど痛みは増していくからです。
一方歯周病には痛みはなく、そのせいで虫歯に比べて軽い病気だと考えてしまう人が多いのです。
つまり歯周病は軽視されがちで、軽く見る人が多いために治療を受ける人が少ないのです。

「痛くないから放っておけばいい」と判断して歯科医院に行かず、歯を失う結果に至ってしまうのです。
また、年齢の面で軽視されがちな傾向もあります。「歯周病=歯を失う」、「歯を失う=高齢者」、
そんな図式をイメージする人が多いため、若い人は歯周病を自分とは無関係な病気と捉えてしまいます。
もちろん年齢問わず歯周病にはなりますが、そうは思わないために予防を怠る人が多いのです。

3. 定期健診を受けない

現在の日本では、歯科医院は歯の病気を治すために行くものだと位置づける人がほとんどです。
確かにそれは正しいですが、歯科医院に行く意味はそれだけではありません。
歯の病気を治すためだけでなく、予防するためにも歯科医院に行く意味はあるのです。
実際に歯科医院では治療だけでなく、定期健診を受けることもできます。

そして、この定期健診を受けない限り歯周病を予防するのは難しいのです。
何しろ、歯周病を引き起こす歯周病菌はプラークや歯石の中に存在しているからです。
歯科医院で定期健診を受ければクリーニングによってこれらを全て除去できますが、
自身でプラークを全て除去するのは難しいですし、歯石に至ってはブラッシングでは除去できないのです。

4. 生活習慣の改善が難しい

歯周病の予防のためにも進行を早めないためにも生活習慣の改善が必要です。
歯周病は生活習慣病とも言われており、毎日の日常生活が歯周病に大きく関わっているのです。
睡眠不足による疲労やストレス、喫煙、これらは全て歯周病を引き起こす要因や進行を早める要因になります。
また食生活も重要で、間食の多い生活や肥満はいずれも歯周病に関わってくるのです。

こうした生活習慣を改善すればいいのですが、生活習慣の改善は簡単にできるものではありません。
現代社会で疲労やストレスを溜めないのは不可能ですし、禁煙するには相当な意志の強さが求められます。
このような生活習慣を改善しない限り歯周病と無縁になるのは不可能なのですが、
それが分かっていても改善は難しく、結果的に歯周病を引き起こして進行させてしまうケースが多いのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯を失う原因の1位が歯周病なのは本当なのかについてまとめます。

  1. 歯周病だと気づきにくい :自覚症状が乏しいため歯周病だと気づきにくく、いつの間にか重症化する
  2. 軽く見られやすい :痛みがないことで治療に積極的になれば、その結果重症化して歯を失う
  3. 定期健診を受けない :予防するには定期健診は欠かせないが、実際に受けている人はまだまだ少ない
  4. 生活習慣の改善が難しい :生活習慣の改善は歯周病予防には必須。しかし、簡単には改善できない

これら4つのことから、歯を失う原因の1位が歯周病なのは本当なのかについて分かります。
いくら歯周病とは言え、早期発見と早期治療を行えば脅威ではありません。
しかし自覚症状がないことから早期発見が難しく、それは同時に早期治療が難しいことも意味します。

歯を失う原因として歯周病が1位なのは本当ですし、
この状況を変えるには多くの人が歯周病に危機感を持たなければなりません。
特に重要なのは歯科医院で定期健診を受けることで、全員がそれを行えば状況は大きく変わるでしょう。

PAGE TOP