お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7542-8718

再診・その他のお問い合わせ

044-541-3918

メールお問合せ・予約

メールお問合せ

WEB予約

     

歯周病治療で手術が必要というのは本当ですか?|川崎市の歯医者ならチーム医療の伴場歯科医院

伴場歯科医院
伴場歯科医院
伴場歯科医院へのお問い合わせ:044-541-3918
お問合せ

プライバシーポリシー

求人情報

伴場歯科矯正サイト

スタッフBlog

歯周病治療で手術が必要というのは本当ですか? [2018年06月04日]

川崎市矢向の歯医者さん、伴場歯科医院です。
今回のテーマは「歯周病治療における手術の必要性」です。
歯周病治療の基本は口の中を清潔な状態にすることで、患者さんによるプラークコントロールが必要です。

しかし、進行した歯周病に対してはそれだけで治すことはできないため別の治療が必要です。
ではどんな治療が必要なのか?…それは手術です。とは言え、この場合の手術は内科の手術とは別物であり、
ここでは歯周病治療の際に行う手術についての説明をしていきます。

手術が必要になる理由

冒頭で説明したとおり、歯周病治療の基本は口の中を清潔な状態にすることです。
このため、歯科医院では歯周病治療としてプラークや歯石の除去を行います。
この時、歯や歯と歯の隙間に溜まったプラークや歯石を除去するのはそれほど難しくありません。
難しいのは歯と歯肉の隙間の溝…いわゆる歯周病ポケットに溜まったプラークや歯石の除去になります。

本来ならスケーラーと呼ばれる専用の器具を使用して除去するのですが、
歯周病が進行して歯周ポケットが深くなるとスケーラーでは対処できなくなるのです。
つまり、外側から歯周ポケットに溜まったプラークや歯石を除去できなくなるわけで、
そうなった時の対処方法となるのが手術です。そしてその手術とはフラップ手術と呼ばれています。

フラップ手術について

フラップ手術とは歯肉を切開する手術で、目的は歯周ポケットに溜まったプラークや歯石の除去です。
歯周ポケットが深い場合、外側からプラークや歯石の除去ができないためフラップ手術によって歯肉を切開し、歯周ポケットの中を直接見える状態にしてプラークや歯石を除去するのです。
歯肉を切開することで激しい痛みを感じるため、手術時は局所麻酔を使用します。

手術内容としては、歯肉を切開して歯周ポケットの中の歯根を見える状態にします。
そして、歯科医が直接目で見てプラークや歯石を除去していきます。
このように、歯科医が直接目で見てプラークや歯石を除去するため、
歯周ポケットに溜まったプラークや歯石を徹底的に除去して綺麗にできるのがフラップ手術のメリットです。

フラップ手術の必要性

フラップ手術は治療方法としては効果的ですが、
患者さんの本音としては避けたい治療であることは確かでしょう。
では、どうすればフラップ手術を行わずに歯周病治療ができるのでしょうか。
それは簡単で、歯周病がそこまで進行する前…つまり初期段階の時点で治療することです。

初期段階の歯周病なら歯科医院で行うプラークや歯石の除去、
さらに患者さん自身によるプラークコントロールで歯周病は治ります。
つまり、フラップ手術を避けるためには歯周病の早期発見と早期治療ができれば良いのです。
ちなみに、重度段階まで進行した場合はフラップ手術どころか抜歯が必要になることもあります。

歯周病の自己診断

フラップ手術は歯周病が中期段階以降まで進行した場合に必要で、
逆に言えば初期段階の歯周病においては必要ない治療方法です。
このため初期段階で治療すればフラップ手術を行うことはないのですが、
ここで問題なのは初期段階の歯周病は自身では気づきにくいということです。

なぜなら歯周病は元々目立った自覚症状がなく、虫歯の痛みのような分かりやすい自覚症状がありません。
そこで、自分が歯周病かどうかを診断する簡単な方法を紹介します。
以下の項目に該当するものがあれば、その場合は歯周病になっている可能性があります。
ただしあくまで簡単な診断のため、確実なのは歯科医院で検診を受けて口の中を診てもらうことです。

口臭がする

歯周病になると歯周病菌が口の中で繁殖し、その影響で口臭がするようになります。
口臭の原因は様々ですが、歯周病が原因の口臭は特にキツイ臭いがします。

歯磨きや食事の時に歯肉から出血する

歯周病になると歯周病菌と戦うために患部…すなわち歯肉に血液が集合します。
その結果ささいな刺激で歯肉から出血するようになり、特に歯磨きや食事の時の出血が目立ちます。

歯肉が腫れている、変色している

歯周病になると歯肉が炎症を起こるため、その影響で歯肉に腫れや変色が見られます。
触れた感触もプヨプヨとしており、歯肉ならではの張りがなくなります。

…これらはいずれも初期段階の歯周病に起こる自覚症状です。
歯周病の自覚症状としては他にも「歯肉が下がる」や「歯がグラつく」などがありますが、
その場合は既に歯周病がある程度進行してしまっている状態です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病治療における手術の必要性についてまとめます。

1. 手術が必要になる理由 :歯周病が進行すると歯周ポケットが深くなって外側から清掃できないため
2. フラップ手術について :歯肉を切開して歯根を露出させ、歯科医が目で見て歯周ポケットを清掃する
3. フラップ手術の必要性 :初期段階の歯周病治療では必要ない
4. 歯周病の自己診断 :口臭がする、歯肉から出血するなどは初期段階の歯周病の自覚症状

これら4つのことから、歯周病治療における手術の必要性が分かります。
歯を削る虫歯治療と違って、歯周病治療は楽なイメージを持っていた人もいると思いますが、
進行した場合はこのようなフラップ手術を行う必要があります。
そうならないためにも、歯周病になったら虫歯同様にいち早く歯科医院に行って治療しなければなりません。

PAGE TOP