お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7542-8718

再診・その他のお問い合わせ

044-541-3918

メールお問合せ・予約

メールお問合せ

WEB予約

     

銀歯とセラミックで迷っていますが、セラミックの利点を教えて下さい|川崎市の歯医者ならチーム医療の伴場歯科医院

伴場歯科医院
伴場歯科医院
伴場歯科医院へのお問い合わせ:044-541-3918
お問合せ

プライバシーポリシー

求人情報

伴場歯科矯正サイト

銀歯とセラミックで迷っていますが、セラミックの利点を教えて下さい

川崎市矢向の歯医者さん、伴場歯科医院です。
今回のテーマは「セラミックにする利点」です。
詰め物や被せ物の材質は、以前まで銀歯が一般的でした。

しかし最近ではセラミックが人気であり、そのため銀歯かセラミックで迷う人が多くいます。
さて、そもそもセラミックはなぜそこまで人気があるのでしょうか。
銀歯かセラミックで迷う人のために、ここではセラミックの利点について説明します。

審美性が高い

セラミックの最大の利点は審美性の高さです。
元々詰め物や被せ物は虫歯の治療跡ですし、それを覆う銀歯は目立つため、
銀歯を使用している人は会話時に銀歯が見えてしまうことが気になってしまいます。

一方セラミックは見た目が美しく、特にオールセラミックは天然の歯と見分けがつかないほどです。
このため、詰め物や被せ物をしていても人前で堂々と会話したり笑顔を見せたりできるのです。
特に前歯など、目立つ箇所の場合はこの審美性の高さが大きな利点になるでしょう。

二次虫歯になりにくい

銀歯は専用のセメントを使用して歯と接着させていますが、元々銀歯と歯の接着の相性は悪いです。
その影響で、長年使用すると接着が剥がれて歯との間に隙間が生じてしまいます。
そして、この隙間に細菌が入り込むことで虫歯が再発してしまいます。

これを二次虫歯と呼び、銀歯を使用している人の多くがこの二次虫歯の繰り返しに悩まされています。
一方セラミックは歯との接着の相性も良く、さらにツルツルした表面はプラークが付着しにくいです。

長持ちする

詰め物や被せ物や人工物ですから、永久に使用することはできません。
使用して年数が経過すると劣化が起こり、そうなると新品のものと交換しなければなりません。
ではどのくらいで劣化が起こるのかですが、銀歯の場合は一般的に5年ほどが寿命と言われています。

また、銀歯は劣化すると金属イオンが溶け出してくるため、歯肉が黒く変色してしまいます。
一方セラミックの寿命は一般的に10年ほどと言われており、ケア次第ではさらに長く使用可能です。
特にオールセラミックは劣化による変色も起こらず、使用している間はずっと高い審美性を維持できます。

金属アレルギーの心配がない

銀歯は金属でできているため、金属アレルギーの人にとってはアレルギーの対象になってしまいます。
このため金属アレルギーの人は銀歯を使用できないのですが、
陶器でできているセラミックなら金属アレルギーの心配はありません。

ただし、これについては全てのセラミックに該当する利点ではないため注意が必要です。
セラミックの中にはメタルボンドというタイプのものがあり、このメタルボンドは一部金属を使用しています。
金属アレルギーを理由にセラミックにするのであれば、メタルボンド以外のセラミックを選択してください。

セラミックの種類

セラミックには上記のような利点がありますが、補足するとセラミックの種類ごとで独自の利点があります。
現状セラミックには4つの種類が存在し、治療時には好きな種類のセラミックを選択できます。
そして、これら4種類のセラミックはそれぞれ異なった特徴と利点を持っているのです。

•オールセラミック
オールという表現から分かるとおり、100%セラミックでできたタイプです。
セラミックの中で最も美しく、また最も長持ちされると言われるほど高品質です。
ただしその分、他の種類のセラミックに比べて費用が高く設定されています。

•ハイブリッドセラミック
セラミックとレジンが混ざったタイプです。
レジンが混ざっているため審美性はオールセラミックに劣りますし、年数経過による変色も起こります。
ただし他のセラミックに比べて柔らかいので他の歯を傷つけることが少なく、費用も安く設定されています。

•メタルボンド
一見美しいセラミックですが、見えない箇所には金属を使用しています。
金属を使用しているため、他のセラミックに比べて強度に優れており、奥歯に使用する時におすすめです。
欠点としては金属を使用しているため、金属アレルギーの対象になってしまうことです。

•ジルコニアセラミック
人工ダイヤモンドであるジルコニアを使用しているセラミックです。
強度に優れている点ではメタルボンドに似ていますが、審美性はこちらの方が高く、
金属アレルギーの心配もありません。欠点はオールセラミック同様、費用が高めに設定されていることです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックにする利点についてまとめます。

1. 審美性が高い :特にオールセラミックは、天然の歯と比べても見分けがつかないほど美しい
2. 二次虫歯になりにくい :接着が剥がれにくくプラークも付着しにくいため、二次虫歯になりにくい
3. 長持ちする :銀歯の寿命は一般的に5年ほどだが、セラミックの寿命は10年以上とされている
4. 金属アレルギーの心配がない :陶器であるため、金属アレルギーが起こらない(メタルボンドは除く)
5. セラミックの種類 :セラミックには4つの種類があり、それぞれ独自の利点を持っている

これら5つのことから、セラミックにする利点について分かります。
セラミックにする利点と聞くと、真っ先に審美性の高さをイメージする人が多いでしょう。
確かにそれは大きな利点ですが、それだけでなく「二次虫歯を予防しやすい」などの利点があります。
つまりセラミックは審美性だけでなく、機能性においても優れた利点を持っているのです。

PAGE TOP