お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7542-8718

再診・その他のお問い合わせ

044-541-3918

メールお問合せ・予約

メールお問合せ

WEB予約

     

ホワイトニングにはどのような種類がありますか?|川崎市の歯医者ならチーム医療の伴場歯科医院

伴場歯科医院
伴場歯科医院
伴場歯科医院へのお問い合わせ:044-541-3918
お問合せ

プライバシーポリシー

求人情報

伴場歯科矯正サイト

ホワイトニングにはどのような種類がありますか?

川崎市矢向の歯医者さん、伴場歯科医院です。
今回のテーマは「ホワイトニングの種類」です。
歯を白くするホワイトニングですが、その方法は1つだけではありません。

ホワイトニングにはいくつかの種類がありますし、さらに言えば歯を白くする方法自体も複数あるのです。
そこで、ここではホワイトニングの種類ごとの説明をしていきます。
それを参考にして、あなたに最も合ったホワイトニングの種類…つまり方法を選んでください。

オフィスホワイトニング

最も一般的な方法で、歯科医院で行います。ホワイトニングでは薬剤を使用しますが、
オフィスホワイトニングでは歯科医がそれを扱うため、高濃度の薬剤を使用できます。
このため効果が出るのは早いのですが、一方で後戻りしてしまうのも早くなります。

最も、いずれの種類を選んでもホワイトニングの効果は永久ではないですし、
重ねて行えば白さを維持し続けることが可能です。このため後戻りはそこまで深刻な問題ではないですが、
ホワイトニングを短期間で繰り返せばそれだけ治療費がかさんでしまうのが欠点です。

ホームホワイトニング

オフィスホワイトニングとは異なり、自宅で行うホワイトニングです。
専用のマウスピースに薬剤を入れて装着するのですが、使用する薬剤はオフィスホワイトニングと同様のため、
自宅にいながらオフィスホワイトニング同様の効果を得られます。

最も、個人で行うため薬剤の濃度は薄くなっており、それゆえ効果が出るまでに時間が掛かります。
ただしその分歯にしっかりと薬剤が浸透するため、白さが長続きするのがメリットです。
マウスピースと薬剤は歯科医院で受け取るため、一切通院が必要ないというわけではありません。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法です。
「効果が出るのが早い」、「白さが長続きする」というそれぞれの種類の長所を活かせるため、
ホワイトニングの種類の中で最も効果が高いとされています。

ただし効果が高い反面、オフィスホワイトニングやホームホワイトニングに比べて費用が高いのが欠点です。
また、自宅でも歯科医院でも行うという点から手間が掛かってしまうのも欠点です。
費用を気にせずとにかく早く歯を白くして、なおかつ白さを長期間維持させたい方向けの方法です。

その他の歯を白くする方法

ホワイトニングはどんなケースでも歯を白くできるわけではありません。
具体的にはテトラサイクリンによる影響で変色した歯には効果が低いですし、
詰め物や被せ物といったいわゆる人工の歯を白くすることはできません。
もしこれらの歯を白くしたいのであれば、以下の方法によって可能です。

ホワイトコート

歯のマニキュアで、塗った時点で白くなるため短期間で効果が得られるのがメリットです。
白さの調節も可能ですし、種類によっては数ヶ月白さを維持できるものもあります。
テトラサイクリンによる影響で変色した歯にも効果的です。

ラミネートベニア

セラミックの歯を貼り付けることで白く見せる方法で、例えるなら付け爪のようなものです。
元々の歯が白くなるわけではないですし、歯を削る必要があるのが欠点です。
ラミネートベニアのメリットはあくまで見せかけではあるものの、歯並びも美しく見せられることです。

セラミック治療
詰め物や被せ物を白くしたい時に行う方法です。
銀歯や金歯といった詰め物や被せ物はホワイトニングで白くすることはできません。
しかし、それらをセラミックに交換することで天然の歯と見分けがつかない詰め物や被せ物にできます。

市販のホワイトニング歯磨き粉について

ホワイトニングと聞いて、ホワイトニング歯磨きを連想した方への注意点です。
ドラッグストアではホワイトニングの名を冠した歯磨き粉が販売されていますが、
それらはここでお伝えしたホワイトニングとは全くの別物です。

使用されている成分が異なりますし、ホワイトニング歯磨き粉に変色した歯を白くする効果はありません。
綺麗にできるのはあくまでも歯の表面についた着色や汚れのみですから、
ホワイトニングというよりは歯のクリーニングと考えた方がいいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、ホワイトニングの種類についてまとめます。

1. オフィスホワイトニング :歯科医院で行う。効果が出るのは早いが後戻りも早い
2. ホームホワイトニング :自宅で行う。効果が出るのは遅いが白さを長く維持できる
3. デュアルホワイトニング :オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを兼ねた方法で費用が高い
4. その他の歯を白くする方法 :ホワイトコート、ラミネートベニア、セラミック治療など
5. 市販のホワイトニング歯磨き粉について :歯科医院のホワイトニングとは全くの別物なので注意

これら5つのことから、ホワイトニングの種類についてまとめます。
ホワイトニングの種類はオフィスホワイトニングとホームホワイトニングとデュアルホワイトニングの3つです。
また、ホワイトニングで白くできない歯に対してはホワイトコートやセラミック治療などの方法があります。

PAGE TOP