お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7542-8718

再診・その他のお問い合わせ

044-541-3918

メールお問合せ・予約

メールお問合せ

WEB予約

     

痛まない虫歯は治療しないでもいい?|川崎市の歯医者ならチーム医療の伴場歯科医院

伴場歯科医院
伴場歯科医院
伴場歯科医院へのお問い合わせ:044-541-3918
お問合せ

プライバシーポリシー

求人情報

伴場歯科矯正サイト

痛まない虫歯は治療しないでもいい?

川崎市矢向の歯医者さん、伴場歯科医院です。
今回のテーマは「虫歯が痛まない時の治療の必要性」です。
虫歯治療に訪れた患者さんは、「虫歯を治さなければならないから」ではなく、
「虫歯で痛むから」という理由で治療を受けにくる方がほとんどです。

つまり、痛いのを何とかしたいから治療を受けようと考えるわけです。
と言うことは、痛くなければ例え虫歯でも治療しないという方もいるのです。
しかしそれは絶対にしてはいけないこと…例え痛まなくても虫歯は治療しなければなりません。
なぜなら、放置することで深刻な事態を招いてしまうからで、具体的にどんな事態を招くのかをお伝えします。

 食事に支障が出る

初期の虫歯は確かに痛くないですが、進行することで痛みを感じるようになります。
これは虫歯が象牙質に進行するためで、象牙質まで虫歯の穴が広がることで刺激に対して敏感になるのです。
そして、この刺激というのは何もぶつけるなどの衝撃だけを意味しているわけではありません。

温度…つまり熱さや冷たさにおいても刺激をなって痛みを招いてしまうのです。
そうなると、本来楽しむひと時であるはずの食事が苦痛になってきます。
なぜなら、熱いものや冷たいものを飲食した時に痛むようになってしまうからです。
つまり、虫歯を治療しなければやがて食事の際に痛みを感じるようになって食事が辛くなるのです。

歯を失う

歯を失う病気は歯周病だけではなく、虫歯を放置した場合も最終的に歯を失います。
具体的には歯周病のように歯が抜け落ちるわけではなく、歯がボロボロの残骸になってしまうのです。
虫歯が進行すると歯に穴があきますが、その穴は虫歯の進行に比例してどんどん深く大きくなっていきます。

そうやって虫歯の穴が広がることで歯はボロボロになり、完全に元の形を失ってしまうのです。
最も、中にはそうなった時には被せ物で処置してもらえばいいと考える方もいるかもしれません。
しかし、そこまでボロボロになった歯はやわらかくなっているため、被せ物を立てることができないのです。
つまり、虫歯を放置することで歯を失い、詰め物や被せ物でも対応できなくなるのです。

治療が辛くなる

虫歯の治療方法は一定ではなく、進行度に応じて異なります。
そして、言うまでもなく虫歯が進行するほど治療方法も大掛かりなものになっていきます。
例えば完全な初期段階の虫歯であれば、歯を削らずに経過観察だけで治ることもあります。
しかし虫歯が進行するとそうはいかず、歯を削らないことには治せなくなるのです。

さらに言えば、虫歯が進行するほど削る範囲は広くなり、それに伴って痛みを感じることもあるでしょう。
また、神経まで進行した場合は根管治療、末期段階まで進行した場合は抜歯を行うことになります。
つまり、虫歯を放置することでその分治療も大掛かりなものになり、
それは患者さんにとっても痛みや費用の点で大きな負担になってしまうのです。

深刻な病気を招く

今回のテーマのように虫歯で痛まない方の中には、神経が死んだせいで痛まないのかもしれません。
確かに虫歯が進行すると神経までおかされて激痛を感じますが、
やがて神経が死ぬことで痛みを一切感じなくなります。しかし、この状態をプラスに考えてはいけません。
例え神経が死んでも虫歯菌は生き続け、治療しない限り消えることはないのです。

そして歯も神経も完全に破壊した虫歯菌は、今度は血液の中にまで侵入してきます。
そうなると虫歯菌が血管を通じて全身に回ってしまうのです。
この時、脳に回ってしまえば脳梗塞を引き起こす危険性がありますし、
心臓に回ってしまえば心筋梗塞を引き起こす危険性があるのです。

人にうつってしまう

虫歯というのは正確には虫歯菌…つまり細菌による感染症です。
その点では風邪と同じ一面を持っており、風邪同様に人から人にうつってしまうのです。
最も、虫歯が直接そのままうつるわけではないですが、
原因となる虫歯菌がうつるのは確かであり、感染の手段は唾液を介すことです。

さて、唾液を介す行為を考えると歯ブラシの接触やキスなどを連想しますが、
これらはいずれも家族や恋人など、親しい間柄同士で行う行為ですよね。
つまり、自分が虫歯を放置したせいで自分の大切な人に虫歯菌をうつしてしまうことになるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯が痛まない時の治療の必要性についてまとめます。

1. 食事に支障が出る :進行することで熱さや冷たさで痛むようになり、食事が苦痛になってしまう
2. 歯を失う :虫歯が進行すると最終的に歯がボロボロになり、被せ物を立てることもできなくなる
3. 治療が辛くなる :放置して治療を後回しにするほど、行う治療が大掛かりで辛いものになる
4. 深刻な病気を招く :虫歯菌が血管を通じて全身に回ると、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすことがある
5. 人にうつってしまう :虫歯の原因菌…つまり虫歯菌は唾液を介して人から人にうつる

これら5つのことから、虫歯が痛まない時の治療の必要性が分かります。
痛まないからといって虫歯を放置してしまうことで、このような事態が起こります。
1つ知っておかなければならないのは、1度進行した虫歯は治療しない限り生き続け、
その間私達のお口の中…さらには全身にまで深刻な問題を引き起こしてしまうということです。

PAGE TOP