お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7542-8718

再診・その他のお問い合わせ

044-541-3918

メールお問合せ・予約

メールお問合せ

WEB予約

     

歯磨きすると歯から血が出てくるのはなぜ?|川崎市の歯医者ならチーム医療の伴場歯科医院

伴場歯科医院
伴場歯科医院
伴場歯科医院へのお問い合わせ:044-541-3918
お問合せ

プライバシーポリシー

求人情報

伴場歯科矯正サイト

歯磨きすると歯から血が出てくるのはなぜ?

川崎市矢向の歯医者さん、伴場歯科医院です。
今回のテーマは「歯磨きした時に歯茎から出血する原因」です。
歯磨きした時に歯茎から出血した場合、考えられる原因は2つあります。

1つは歯磨きの仕方に問題がある可能性、もう1つは歯周病である可能性です。
最も、歯磨きの仕方が問題だとしても歯周病だとしても、
なぜ歯茎から出血するのか疑問に思う人もいるでしょう。
そこで、ここではこれらが原因でなぜ歯茎から出血するのかについて解説していきます。

1. 歯磨きの仕方が問題の可能性

歯磨きの仕方が悪いことで、歯茎から出血してしまうことがあります。
これは簡単なことで、歯磨きによって歯茎が傷ついてしまうからです。
例えば、強い力で歯を磨いた時に歯茎まで擦ってしまうと、歯茎が傷ついて出血してしまうことがあります。

また、歯間ブラシを使用している人はそれを無理やり行ってことで歯肉を傷つけることがあるのです。
この場合の歯茎からの出血はケガによる出血と同じようなものですから、歯茎もヒリヒリするでしょう。
逆に言えば、歯茎から出血してヒリヒリする時は歯磨きの仕方が原因である可能性が高いと言えます。

2. 歯周病の可能性

100%断言はできないものの、歯磨き中の歯茎からの出血は歯周病である可能性が最も高いです。
つまり、歯磨きした時に歯茎から出血した場合は歯周病かもしれないという警告だと受け取ってください。
さて、なぜ歯周病になると歯磨きした時に歯茎から出血するのでしょうか。
歯周病になると歯茎が炎症を起こしますが、この時歯茎は細菌から身を守ろうとある方法で防御します。

それは細菌と戦うために白血球を集めることで、それによって無数の毛細血管が集まります。
ちなみに、炎症を起こした歯茎は赤くなっていますが、それは毛細血管が集まっている影響です。
この毛細血管に細い特徴があるため、ちょっとした刺激で破れて出血してしまいます。
つまり歯磨きしたことが刺激となって毛細血管を破り、その影響で歯茎から出血するというわけです。

3. 歯周病なら治療が必要

実際に歯茎からの出血の原因が歯周病だとして、その場合は歯科医院での治療が必要です。
ちなみに、歯茎からの出血は自覚症状であって歯周病がもたらす症状ではありません。
歯周病は放置すると進行しますし、もっと怖い症状をもたらします。

初期段階で歯茎に炎症を引き起こし、進行することで顎の骨を徐々に溶かしていきます。
顎の骨は歯を支える役割を持っているため、それが溶かされることで歯がグラついてしまいます。
そして、最終的には歯が抜け落ちてしまうのです。

4. それ以外の可能性

磨きした時に歯茎から出血する場合、上記で解説したとおり最も可能性が高いのは歯周病です。
また、歯磨きの仕方に問題がある可能性もありますが、それ以外の可能性も考えてみます。
そして他に考えられるのが、喫煙による影響です。

と言うのも、喫煙する人は歯茎の内側が腫れた状態になっているため出血しやすいからです。
他には、歯ぎしりによる影響の可能性もあります。歯ぎしりすることで歯に負担が掛かり、
それによって歯茎が炎症を起こして出血しやすくなるのです。
歯周病や歯磨きの仕方の問題以外には、このような可能性が考えられます。

5. 出血後の歯磨きの注意点

歯茎から出血することで歯磨きに抵抗を感じる人もいるでしょうが、歯磨き自体はその後も必要です。
歯磨きしなければ細菌が増殖する一方ですし、それらの中には虫歯菌や歯周病菌も含まれているのです。
このため、歯茎から出血した後の歯磨きは必要ですが、磨き方そのものは考えなければなりません。

まず、同じような出血を防ぐためやわらかめの歯ブラシに交換し、優しく磨くことを意識してください。
イメージで言うならマッサージをするように磨けばいいでしょう。
それでも出血することはあるものの、その磨き方を続けていればいずれ出血はしなくなります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯磨きした時に歯茎から出血する原因についてまとめます。

  1. 歯磨きの仕方が問題の可能性 :強い力で磨きすぎたせいで歯茎を傷つけ、出血した可能性がある
  2. 歯周病の可能性 :最も可能性が高い。歯周病によって歯茎が炎症を起こして出血しやすくなっている
  3. 歯周病なら治療が必要 :歯周病なら治療しなければ治らない。放置すると歯が抜け落ちてしまう
  4. それ以外の可能性 :喫煙や歯ぎしりが原因で歯茎が出血しやすくなっている可能性もある
  5. 出血後の歯磨きの注意点 :出血したからといって歯磨きをしないのは厳禁。ただし磨き方は考えるべき

これら5つのことから、歯磨きした時に歯茎から出血する原因が分かります。
実際にこうした事態になった時には、まず歯科医院に行くことが大切です。
そうしなければ正確な原因は分からないですし、歯周病なら何より治療しなければなりません。
明らかに過剰な力で歯磨きしているなら別ですが、そうでないなら口の中で何らかの問題が起こっており、
歯茎からの出血はそれを教える警告でもあるのです。

PAGE TOP