お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7542-8718

再診・その他のお問い合わせ

044-541-3918

メールお問合せ・予約

メールお問合せ

WEB予約

     

ホワイトニングは痛いのですか?|川崎市の歯医者ならチーム医療の伴場歯科医院

伴場歯科医院
伴場歯科医院
伴場歯科医院へのお問い合わせ:044-541-3918
お問合せ

プライバシーポリシー

求人情報

伴場歯科矯正サイト

ホワイトニングは痛いのですか?

ホワイトニングは痛いのですか?

川崎市矢向の歯医者さん、伴場歯科医院です。
今回のテーマは「ホワイトニングをすることによる痛みの有無」です。
審美目的とは言え、ホワイトニングは歯科医院で行う治療の1つです。

さて、歯科医院の治療と聞くと誰もが「痛い」というイメージを持っていると思いますが、
ホワイトニングの場合はどうでしょうか。結論から言えば、痛むという意見があるのは事実です。
その一方で痛くないという意見もあるため、ここではホワイトニングの痛みの有無について説明します。

痛む理由は知覚過敏

ホワイトニングで痛む場合、その理由は知覚過敏です。
知覚過敏とは、冷たさや熱さといったささいな刺激に対して一瞬ズキンとしみる症状です。
症状から見て虫歯の痛みに似ていますが、虫歯の場合はこうした痛みが慢性的に起こります。

一方知覚過敏の場合は痛むのは一瞬で、「痛い」というより「しみる」と感じることもあります。
ホワイトニングでは治療の中で歯に薬剤を浸透させますが、
この薬剤の浸透が歯にとって刺激となり、知覚過敏を引き起こしてしまうのです。

知覚過敏が起こる理由

ではなぜ知覚過敏が起こるのか?…その答えに深く関わってくるのがエナメル質と象牙質です。
エナメル質は歯の表面にあるもので、様々な刺激から歯を保護する役割を持っています。
そしてエナメル質の奥にあるのが象牙質で、象牙質はエナメル質と違って刺激に対して非常に敏感です。

ホワイトニングの薬剤の刺激も本来ならエナメル質の保護によって感じることはないですが、
何らかの理由でエナメル質が傷ついている場合、象牙質がまともに薬剤の刺激を受けてしまいます。
そうなると象牙質は刺激に対して敏感ですから、薬剤の刺激で痛みを感じてしまうのです。

つまり、「エナメル質に問題があることで象牙質が剥き出しになっており、
その状態でホワイトニングしてしまうと象牙質が薬剤の刺激を受けて痛みを感じる」…
これがホワイトニングで痛みを感じる理由です。

痛くないと感じる人がいる理由

これは簡単なことで、エナメル質に問題がない人はホワイトニングで痛みを感じないのです。
何しろホワイトニングで痛む理由は象牙質が薬剤の刺激を受けてしまうからですし、
そうなってしまう人はエナメル質の保護が行き届いていない人です。

逆に言えば、エナメル質の保護が万全な人は象牙質が刺激を受けることはないため、
ホワイトニングを行った際も痛みを感じないのです。最も、エナメル質は無色透明ですから、
自分のエナメル質がどうなっているかを知ることはできません。

痛みを感じた際の対処

ホワイトニングで痛みを感じた際、対処する方法はあります。
1つは痛み止めを飲むことで、痛むのであれば歯科医にその旨を伝えれば、
ホワイトニングを終えた後に処方してもらうことができるでしょう。

また、ドラッグストアで市販されている痛み止めを飲んでも構いません。
2つ目の対処方法は、ホワイトニング後は24時間ほど冷たいものの飲食を避けることです。
冷たいものは刺激となるため、この状態で飲食すると痛みが増してしまうからです。

最後3つ目の対処方法は、知覚過敏用の歯磨き粉を使用することです。
ちなみにホワイトニングの痛みの理由が知覚過敏の場合、一定時間で痛みはおさまります。
このためあまりにも長く痛みが続くのであれば、
それは別の問題が起こっている可能性があるため歯科医に相談すべきでしょう。

エナメル質はどうやって傷つくのか

ホワイトニングで痛むのは知覚過敏が原因の可能性が高く、
知覚過敏が起こっている以上、エナメル質が傷ついているなどの状態になっています。
では、エナメル質はどうやって傷ついてしまったのでしょうか?…その理由はいくつか考えられます。

例えば虫歯にかかっている場合、象牙質まで虫歯が進行していればその箇所にはエナメル質がありません。
また、歯周病などによって歯の根元が露出している場合、歯の根元にはエナメル質自体ありません。
さらに、打撲などの衝撃によってエナメル質がダメージを受けている可能性もあります。
こうした状態でホワイトニングを行えば、エナメル質の保護が得られないため薬剤によって痛みを感じます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、ホワイトニングをすることによる痛みの有無についてまとめます。

1. 痛む理由は知覚過敏 :治療時に使用する薬剤が刺激となって知覚過敏を起こし、痛みを感じてしまう
2. 知覚過敏が起こる理由 :エナメル質が傷ついていることで、象牙質が直接刺激を受けてしまう
3. 痛くないと感じる人がいる理由 :エナメル質に問題がなければ、知覚過敏は起こらないので痛くない
4. 痛みを感じた際の対処 :痛み止めを飲む、冷たいものの飲食を避ける、知覚過敏用の歯磨き粉を使うなど
5. エナメル質はどうやって傷つくのか :虫歯、歯周病、打撲などが考えられる

これら5つのことから、ホワイトニングをすることによる痛みの有無についてまとめます。
知覚過敏によってホワイトニングで痛みを感じる可能性はあります。
また、人によっては痛みではなくしみると感じるケースもあるでしょう。

さて、ホワイトニングによる痛みの原因が知覚過敏である以上、
知覚過敏対策をしておくのが痛みを感じないためのポイントになります。
そのためには歯を健康な状態にすることが必要ですから、まずは虫歯や歯周病がないかをチェックしましょう。

PAGE TOP