お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7542-8718

再診・その他のお問い合わせ

044-541-3918

メールお問合せ・予約

メールお問合せ

WEB予約

     

インプラントにしたいのですが痛みが気になります|川崎市の歯医者ならチーム医療の伴場歯科医院

伴場歯科医院
伴場歯科医院
伴場歯科医院へのお問い合わせ:044-541-3918
お問合せ

プライバシーポリシー

求人情報

伴場歯科矯正サイト

インプラントにしたいのですが痛みが気になります

川崎市矢向の歯医者さん、伴場歯科医院です。
今回のテーマは「インプラントをすることでの痛み」です。
インプラントは失った歯を取り戻せると表現される魅力的な治療方法です。

ただしその分治療内容も大掛かりなものになり、治療の過程で手術も必要です。
そうなると、患者さんとして気になるのは痛みの有無だと思います。
そこで、ここではインプラントをすることでの痛みについてお答えしていきます。

治療する時は痛むのか

インプラントでは治療の際、歯肉を切開して顎の骨に穴をあける手術を行います。
この時の痛みですが、実際にはほとんど痛みはありません。
もちろんそのまま治療すれば痛むでしょうが、手術では麻酔を使用しますからね。

これはインプラントに限らず内科や外科も含めた手術全般に言えることですが、
麻酔を使用するので手術時の痛みはほとんど感じないのです。
ただし手術をするという点から、痛みよりも怖さという感情の方が強いのではないでしょうか。

最も、インプラントではそんな怖さへの対処もなされており、
静脈内鎮静法によって落ち着いた鎮静状態で治療を受けることもできます。
静脈内鎮静法とは気分をリラックスできる薬を点滴で投与する方法で、恐怖心をやわらげる効果があります。

<実績と経験に長けた歯科医の元で治療を受けるべき>
手術で痛みを感じないのは麻酔が効いているからで、逆に言えば麻酔を使用しなければ当然痛みを感じます。
そこで大切なのは、インプラントは実績と経験に長けた歯科医の元で治療を受けるべきだということです。
不慣れな歯科医が治療を行えば手術時間が長くなり、手術中に麻酔が切れてしまう可能性があるからです。

治療後の痛みについて

単に痛みの度合いを比較するなら、治療中よりもむしろ治療後の方が痛みを感じます。
と言うのも、その頃になると麻酔が切れてしまうからです。
そのため、インプラントの手術を行った後は歯科医院で痛み止めが処方されます。

また、あらかじめ痛み止めを飲んでおくことで麻酔が切れた後の痛みに対処する方法もあります。
最も、治療後の痛みは長期間続くわけではなく、ほとんどの患者さんが痛みは1日で治まったと答えます。
ちなみに、治療後の痛みの類としては抜歯した時の痛みに近いと言われています。

治療当日の帰宅後の注意点

インプラントでは入院する必要はないため、特に問題なければ当日の帰宅が可能です。
ただし治療直後は普段と同じ生活をすると痛みを感じてしまうことがあるため、
いくつかの点に注意しなければなりません。これについては担当の歯科医からも説明があるでしょう。

・血行が良くなる行為は控える
具体的には入浴、飲酒、運動などです。血行が良くなると血流によって神経が圧迫され、
患部が痛んだり炎症が起きたりする可能性があります。

・喫煙は厳禁
タバコは刺激物ですから患部に刺激を与えて痛みを引き起こします。
それどころかインプラントに支障が出る恐れもあり、治療の失敗のリスクを高めてしまいます。

・強めのうがいをしない
うがいをする場合は、水を含んだ後そっと吐き出すくらいの意識で行いましょう。
強いうがいは手術による傷口を悪化させ、出血や痛みを引き起こす原因になります。

・刺激物や固いものを食べない
香辛料などの刺激物が多く入った食べ物は患部への刺激になりますし、
固いものを食べることで傷口を悪化させてしまう可能性があります。

フラップレス手術について

インプラントの手術がどうしても怖いというのであれば、フラップレス手術を行う方法もあります。
フラップレス手術は切らない手術とも呼ばれており、
全く傷つかないとは言えないものの、従来の手術に比べて傷が小さく治療時間も短くてすみます。

ただしフラップレス手術は高い技術力を求められる治療方法ですから、
対応できる歯科医院が少ないという欠点があります。
このため、フラップレス手術を希望する場合は歯科医院選びがより重要になるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラントすることでの痛みについてまとめます。

1. 治療する時は痛むのか :麻酔を使用するのでほとんど痛みはない。痛みよりも怖さの感情の方が強い
2. 治療後の痛みについて :麻酔が切れるため、むしろ治療時よりも治療後の方が痛む。痛み止めで対処する
3. 治療当日の帰宅後の注意点 :血行が良くなる行為は控える、喫煙は厳禁、強めのうがいをしないなど
4. フラップレス手術について :歯肉を切開する範囲を大幅に小さくできる治療方法

これら4つのことから、インプラントすることでの痛みについて分かります。
痛みがゼロとまでは言えませんが、インプラントすることでの痛みはほとんどありません。
こんなことを言うと半信半疑に思えるかもしれませんが、手術の経験がある人なら良く分かると思います。

手術の場合は麻酔を使用するのでほとんど痛みがなく、むしろ手術前の恐怖心の方が辛いですよね。
インプラントもこれと全く同じで、実際の治療時は麻酔を使用するので痛みはほとんどなく、
治療後も痛み止めで対処できるので痛みについては特に心配する必要はありません。

PAGE TOP