お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7542-8718

再診・その他のお問い合わせ

044-541-3918

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

歯周病と虫歯の予防方法は違うのでしょうか?|川崎市の歯医者ならチーム医療の伴場歯科医院

伴場歯科医院
伴場歯科医院
伴場歯科医院へのお問い合わせ:044-541-3918
お問合せ

プライバシーポリシー

求人情報

伴場歯科矯正サイト

歯周病と虫歯の予防方法は違うのでしょうか?

川崎市矢向の歯医者さん、伴場歯科医院です。
今回のテーマは「歯周病と虫歯の予防方法について」です。

歯周病は歯周病菌に感染することで起こり、その歯周病菌はプラークの中に存在しています。
虫歯は虫歯菌に感染することで起こり、その虫歯菌はプラークの中に存在しています。
このように、歯周病と虫歯を比較するとどちらも要因となる細菌はプラークの中に存在することが分かります。

このため、どちらの病気も予防のためにはプラークの除去が重要ということになります。
では歯周病と虫歯は全く同じ予防方法なのでしょうか。

予防方法は同じ

歯周病と虫歯の予防方法は同じです。
病気を引き起こす要因となる細菌の種類は異なりますが、どちらの細菌もプラークの中に存在しています。
つまりどちらの病気もプラークの除去が予防のポイントであり、その点では全く同じなのです。

厳密に言えば歯周病は歯肉の病気ですから、特に歯と歯肉の間に溜まるプラークの除去が必要です。
一方虫歯の場合は歯と歯の間のプラークの除去が必要で、
なぜならここが最も虫歯の起きやすい箇所になっているからです。

同じ予防方法なのに一方が発症する理由

歯周病と虫歯は同じ予防方法ですが、一方が予防できて一方が予防できないこともあります。
つまり、「歯周病はないけど虫歯になってしまった」、もしくは逆のパターンです。
では、同じ予防方法なのになぜ同時に予防できないことがあるのでしょうか。

それは、発症の要因となる細菌が異なるからです。
例えば、インフルエンザはA型でもB型でも予防方法は同じです。
しかしA型とB型では原因菌が異なるため、一方だけ起きてしまうことがありますね。

歯周病と虫歯にもこれと同じことが言えます。
それぞれの病気の原因菌は歯周病菌と虫歯菌で、これらは全くの別物です。
例えば歯周病菌を除去できても虫歯菌が残っていれば、その時は虫歯にだけなってしまうのです。

デンタルフロスと歯間ブラシについて

歯周病も虫歯も予防の基本となるのは歯磨きです。
ただしきちんと予防するには精密な歯磨きが必要で、ブラッシングだけでは予防として不充分です。
さて、そんな歯磨きの精度を高めるためにデンタルフロスや歯間ブラシがあります。

実はデンタルフロスは虫歯予防に効果的で、歯間ブラシは歯周病予防に効果的とされているのです。
これはそれぞれの用途の違いが理由になっており、
デンタルフロスは歯と歯の間、歯周病は歯と歯肉の間を綺麗にするものだからです。

また、こうしたささいな予防効果の違いは歯磨き粉にも言えることです。
フッ素配合の歯磨き粉は虫歯予防に効果的であり、現在ではほとんどの歯磨き粉にフッ素が配合されています。
しかし、中には歯周病予防に効果的な歯周病対策の歯磨き粉も販売されているのです。

歯周病と虫歯の予防方法

歯周病と虫歯の予防方法は同じですが、具体的にどんな予防方法なのかを説明します。
これらの病気を予防するためには、以下の3つのことが必要です。

•精度の高い歯磨き
ただ磨くだけでなく、精度の高い歯磨きをしてください。
デンタルフロスや歯間ブラシを使用して、少しでもプラークの除去率を高めましょう。
ちなみに1日3回適当に磨くのと1日1回精度の高い歯磨きをするのとでは、予防効果は後者が遥かに上です。

•生活習慣の見直し
歯周病は生活習慣病とも呼ばれており、身体の免疫力低下や喫煙や歯周病になるリスクを高めます。
一方虫歯も食生活によっては発症のリスクが高まり、特に糖の摂取には注意が必要です。
このようにどちらの病気も日常生活の中にリスクが潜んでいるため、生活習慣そのものの見直しが必要です。

•歯科医院の定期検診
定期検診ではお口のクリーニングや歯磨き指導など、予防効果が高まる治療を行っています。
また、定期検診を受けることで歯周病や虫歯を早期発見することが可能になります。
特に歯周病は発症に気付きにくいため、定期検診を受けなければ知らない間に発症して進行もしてしまいます。

…これら3つを確実に実践できるのであれば、大抵の歯周病や虫歯は防げます。
また、例え歯周病や虫歯になっても早期発見と早期治療ができるため、
大きな問題に発展することなく簡単に治療できます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病と虫歯の予防方法についてまとめます。

1. 予防方法は同じ :歯周病も虫歯も予防方法は同じで、プラークの除去がポイントになる
2. 同じ予防方法なのに一方が発症する理由 :発症の要因となる細菌の種類が異なるため
3. デンタルフロスと歯間ブラシについて :デンタルフロスは虫歯予防、歯間ブラシは歯周病予防に効果的
4. 歯周病と虫歯の予防方法 :精度の高い歯磨き、生活習慣の見直し、歯科医院の定期検診

これら4つのことから、歯周病と虫歯の予防方法について分かります。
予防方法においてはどちらも同じですが、発症のリスクの高さは人によって異なります。
例えば甘いものを食べて糖の摂取が多い人は虫歯になるリスクが高いですし、
女性ホルモンの影響で時期によって女性は歯周病になるリスクが高くなります。

PAGE TOP