お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7542-8718

再診・その他のお問い合わせ

044-541-3918

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

歯が痛い時は温める?冷やす?|川崎市の歯医者ならチーム医療の伴場歯科医院

伴場歯科医院
伴場歯科医院
伴場歯科医院へのお問い合わせ:044-541-3918
お問合せ

プライバシーポリシー

求人情報

伴場歯科矯正サイト

歯が痛い時は温める?冷やす?

川崎市矢向の歯医者さん、伴場歯科医院です。
今回のテーマは「歯が痛い時は温めるべきか冷やすべきか」です。
歯が痛い時の応急処置として、温めるべきという意見もあれば冷やすという意見もあります。

確かに、温めればリラックス効果で痛みややわらぐ感じがしますし、
腫れなどに効果的な冷やす行為も間違っていない感じがしますよね。
では、歯が痛い時の対処として「温める」と「冷やす」、どちらが正しいのでしょうか。

 「冷やす」が正解

結論から言うと、歯が痛い時は冷やすのが正解です。
ではなぜ温めるのはダメなのか?…それは血行が良くなってしまうからです。
血行が良くなれば血流も良くなりますから、そうすると神経を圧迫して余計に痛んでしまうのです。

つまり、温めるのがダメな理由は血行が良くなるからで、
その点では運動や飲酒といった行為も血行が良くなるため、歯が痛い時にはしてはいけない行為です。
また、冷やすのが正解ではあるものの、正しい冷やし方があることも知っておきましょう。

ありがちなのは、氷を口に含むなどして直接冷やしてしまうパターンです。
こうした冷やし方は患部に刺激が強すぎるため、逆効果になってしまうことがあります。
特に知覚過敏の場合は冷たさが刺激になって、余計に痛みを感じてしまいます。

正しい冷やし方は、頬側から冷やすことです。
氷をくるんだタオルや濡れタオル、もしくは解熱シートを頬に貼って冷やしましょう。

その他の応急処置

歯が痛む時、「温める」か「冷やす」で言えば冷やすが正解ですが、応急処置の方法はそれ以外にもあります。

 痛み止めを飲む

薬局で販売されているもので良いので、痛み止めを飲むことでも歯の痛みを抑えられます。
ただし痛み止めは薬ですから、即効性はなく効果が出るまでには飲んでからしばらく掛かります。
このため、痛み止めを飲む場合は冷やす方法と併用すると良いでしょう。

正露丸を詰める

歯の痛みに効果がある薬は痛み止めだけではありません。
腹痛の対処として一般的な正露丸も歯の痛みに効果があります。
使用方法は飲むのではなく詰めること…押し込むように患部に詰めれば歯の痛みが治まります。

うがいをする

歯の痛みの要因の1つして、食べカスが詰まって炎症を起こしていることも考えられます。
この場合は食べカスを除去すれば良いですが、ゴシゴシと歯磨きするのは刺激が強すぎます。
このため歯磨きよりもうがいが効果的ですし、うがいは冷たい水ではなくぬるま湯でしましょう。

歯科救急センターに行く

急な歯の痛みが我慢できなければ、歯科救急センターを利用するのもおすすめです。
歯科救急センターなら、夜間や土日や年末年始でも診療行っています。
「歯科救急 地域名」で検索すれば、近くの歯科救急センターを探すことができます。

…歯を冷やす以外にも、これらの方法で歯の痛みを抑えることができます。

虫歯の痛みを放置した場合

上記の方法で歯の痛みは治まりますが、中には痛みが治まったからといって放置する人がいます。
そこで、虫歯の痛みを放置するとどうなるかについて説明しておきます。
虫歯は進行すると治療しない限り治らないですし、痛みを感じるということは進行しているということです。

放置すれば虫歯はさらに進行し、やがて神経まで進行すれば痛むどころか激痛を感じるようになります。
その後は神経が死に、そうなると痛みは感じなくなります。
しかし、神経が死んでも虫歯は進行し続け、やがて歯をボロボロの状態にしてしまうでしょう。

そこまで進行すれば抜歯するしかないですし、抜歯後は入れ歯やインプラントでの対応となります。
また、最後まで虫歯を放置すれば虫歯の原因菌が血液に入り込み、血管を通じて全身にまわります。
ここで脳にまわってしまうと脳梗塞、心臓にまわってしまうと心筋梗塞を引き起こす可能性があるのです。

定期検診を受けよう

こうした歯の痛みは急に訪れますが、そもそもの要因となるのは主に虫歯です。
実は虫歯は初期段階の場合は痛むことがなく、この時点で治療すれば簡単に治せます。
しかし痛みがないことで虫歯に気付けず、結局は痛むほど進行させてしまうことが大半です。

そこでおすすめなのが、歯科医院で定期検診を受けることです。
定期検診を受けていれば虫歯予防はもちろん、虫歯に掛かっても初期段階での発見が可能です。
そうすれば、今回のテーマのように急に歯が痛くなるような事態を確実に防ぐことができるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯が痛い時は温めるべきか冷やすべきかについてまとめます。

1. 「冷やす」が正解 :直接患部を冷やすのではなく、氷をくるんだタオルや解熱シートで頬側から冷やす
2. その他の応急処置 :痛み止めを飲む、正露丸を詰める、うがいをする、歯科救急センターに行く
3. 虫歯の痛みを放置した場合 :痛みが増し、最終的には歯がボロボロになる。さらに思わぬ病気も招く
4. 定期検診を受けよう :定期検診を受けていれば虫歯も初期段階で発見でき、急な痛みを回避できる

これら4つのことから、歯が痛い時は温めるべきか冷やすべきかが分かります。
正解は「冷やす」ですが、それも応急処置の1つにしか過ぎません。
痛みの要因を治すには治療が必要であり、そのためには歯科医院に行かなければなりません。

PAGE TOP