お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7542-8718

再診・その他のお問い合わせ

044-541-3918

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

歯の痛みを止める方法を教えて下さい|川崎市の歯医者ならチーム医療の伴場歯科医院

伴場歯科医院
伴場歯科医院
伴場歯科医院へのお問い合わせ:044-541-3918
お問合せ

プライバシーポリシー

求人情報

伴場歯科矯正サイト

歯の痛みを止める方法を教えて下さい

川崎市矢向の歯医者さん、伴場歯科医院です。
今回のテーマは「歯の痛みを止める方法」です。
歯の痛みは予兆なく急に起こるため、痛みが訪れるタイミングによっては辛い思いをするでしょう。

さて、歯が痛む時の対処としては当然歯科医院に行くことですが、
時間帯によっては歯科医院に行きたくても行けず、本来なら痛みを我慢するしかありません。
そんな時のために知っておくと便利なのが、歯が痛んだ時の応急処置です。

頬側から冷やす

歯が痛む時の基本は冷やすことですが、ポイントは頬側冷やすという点です。
これは直接冷やすと刺激が強すぎるためで、特に知覚過敏の場合はむしろ痛みが増してしまうのです。
このため、冷やす際は直接ではなく頬側から冷やすようにしてください。
冷やし方としては氷をくるんだタオル、もしくは解熱シートを頬に貼るのが効果的です。

ぬるま湯でうがいをする

急な歯の痛みの場合、痛む箇所に食べカスがつまっている、もしくは細菌が繁殖している可能性があります。
このため、お口の中を綺麗にするためにぬるま湯でうがいをしましょう。
この時、綺麗にするといってもゴシゴシと歯を磨くのは刺激となってしまうので止めてください。
うがいで食べカスや細菌が流れていれば、それで痛みが治まることもあります。

痛み止めを飲む

歯が痛い場合には痛み止めも効果的です。
これは歯科医院で処方されたものと限らず、薬局で販売されているものでも構いません。
ただし痛み止めは即効性がないので効果が出るまでにある程度の時間が掛かりますし、
歯髄まで進行した虫歯のようなあまりに激しい痛みの場合は、完全に痛みを抑えられないこともあります。

正露丸を詰める

1つ知っておくと良いのが、正露丸は腹痛だけでなく歯の痛みも治める効果があります。
また、従来なら正露丸は飲んで使用しますが、歯の痛みの場合は患部に詰めて使用します。
正露丸は粘土のようになっているため、患部に押し込むと詰めることができます。
これで一時的に痛みを抑えることができますし、こうした使用方法は注意書きにも記載されています。

救急センターを利用する

子供がいる人は、子供の急な発熱で夜間病院に駆け込んだ経験があると思いますが、
実は歯科においてもそういった救急センターが存在します。
「歯科 救急 〇〇(自分の住む地域)」でネット検索すれば、近くの歯科救急センターを調べることができます。
現状歯が痛くない人も、これについては緊急事態に備えて知っておくと良いですよ。

歯が痛い時にやってはいけないこと

歯が痛い時の応急処置は上記で説明したとおりです。
ちなみに歯が痛い時にありがちなのが、応急処置のつもりが逆効果になってしまうケースです。
つまり、歯が痛い時には絶対にやってはいけないことがあり、それをすることで痛みが増してしまうのです。

患部に触れる
歯が痛いとどうしても患部をガリガリと触ってしまいがちですが、これは絶対にやってはいけません。
指の細菌が患部に付着すれば症状はより酷くなりますし、
そもそも触れること自体が刺激となってそれだけで痛んでしまうからです。

アルコールや喫煙
アルコールや喫煙で痛みが治まると思う人はいないでしょうが、
あまりに辛い痛みを紛らわすためにお酒を飲んだりタバコを吸ったりする人はいます。
しかし、アルコールは血行が良くなって神経を圧迫して痛みが増しますし、タバコも刺激物なので厳禁です。

入浴する
お風呂に入ってリラックスすれば痛みが治まると思うかもしれませんが、
入浴は血行が良くなるため、飲酒同様に血流で神経を圧迫して痛みが増してしまいます。
また、入浴に限らず身体を温める行為は同様の結果を招くため、例えば運動をするのもいけません。

…こうした行為は、いずれも応急処置どころか痛みが増してしまいます。
仮に一時的に痛みが治まったとしても、時間が経過すれば激しい痛みを感じてしまうでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯の痛みを止める方法についてまとめます。

1. 頬側から冷やす :直接冷やすと刺激が強いので、氷をくるんだタオルや解熱シートで頬側から冷やす
2. ぬるま湯でうがいをする :食べカスが詰まって痛む時に効果的。歯磨きは刺激が強いのでうがいをする
3. 痛み止めを飲む :市販のもので構わないが、効果が出るまでには時間が掛かる
4. 正露丸を詰める :「飲む」ではなく「詰める」が正解。患部に押し込めば詰めることができる
5. 救急センターを利用する :歯科救急センターなら、土日や年末年始でも診療していることがある
6. 歯が痛い時にやってはいけないこと :患部に触れる、飲酒や喫煙、入浴や運動などの温まる行為全般

これら6つのことから、歯の痛みを止める方法が分かります。
念のために言っておきますが、これらはいずれも応急処置であって治療の効果は一切ありません。
このため、例え痛みが治まっても後日歯科医院に行かなければまた痛むようになってしまいます。
そして何が原因の痛みであれ治療しない限りは治らないため、
応急処置を施した後は時間を作って必ず歯科医院に行ってください。

PAGE TOP