お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7542-8718

再診・その他のお問い合わせ

044-541-3918

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

虫歯の治療は痛いですか?|川崎市の歯医者ならチーム医療の伴場歯科医院

伴場歯科医院
伴場歯科医院
伴場歯科医院へのお問い合わせ:044-541-3918
お問合せ

プライバシーポリシー

求人情報

伴場歯科矯正サイト

虫歯の治療は痛いですか?

川崎市矢向の歯医者さん、伴場歯科医院です。
今回のテーマは「虫歯治療の痛み」です。
虫歯になった時、ほとんどの人は症状よりも治療内容が気になるのではないでしょうか。

虫歯治療は痛むというイメージがありますし、そのため虫歯を放置する人すらいるのが現実です。
ここで説明するのは、そんな誰もが気にする虫歯治療の痛みの有無についてです。
また、説明の中で少しでも痛まないコツについてもお話していきます。

1. 虫歯治療は痛むのか

虫歯治療の痛みの有無、そして痛む場合の程度は虫歯の状態によって異なります。
例えば完全な初期段階の虫歯であれば削らずに治せる場合もありますし、
削ったとしてもエナメル質で覆われた範囲内になるため痛みはありません。

一方、虫歯が象牙質まで進行している場合は虫歯自体も痛みますし、その箇所を削ることで痛みを感じます。
つまり、虫歯治療で痛むかどうかは虫歯の進行次第というわけです。
最も、最近では歯科医院ごとで痛みを最小限に抑える工夫をしています。

2. 無痛治療とは

歯科医院によっては無痛治療を掲げているところもあり、そのいった歯科医院なら痛みはより少なくなります。
ただし、無痛治療の方法自体は一定ではないため、どんな無痛治療を行うかは歯科医院ごとで異なります。
一例を挙げると、注射ではなく笑気ガスを用いた麻酔を施す歯科医院もあります。

この場合、麻酔の効果によって治療で痛みは感じないですし、気分もリラックスした状態で治療を受けられます。
また、注射ではなく笑気ガスを使用することで麻酔をすること自体の痛みも防げるのです。
ちなみに、無痛治療を行っているかどうかは歯科医院のHPから確認することができます。

3. 治療で痛みを抑えるコツ

虫歯治療の痛みを少しでも抑えたいのであれば、そのためのコツが2つあります。
1つは虫歯に気付いた時点ですぐに歯科医院に行くことです。上記でも説明したとおり虫歯は進行します。
そして、虫歯が進行すればするほど治療も大掛かりなものになり、痛みを感じてしまうのです。

治療を先延ばしにしてしまえばそれだけ痛むリスクは高くなり、
最短のタイミングで治療を受けるのが痛みを抑えるコツなのです。
もう1つのコツは上記の項目と重複しますが、無痛治療を行っている歯科医院で治療を受けることです。

4. 治療を恐れて虫歯を放置した代償

虫歯治療の痛みを恐れてつい虫歯を放置してしまう…これは決して珍しいケースではありません。
しかし、こうした行動をとってしまうと後に高い代償を支払うことになります。
治療しなければ虫歯は進行を続け、神経まで虫歯菌に侵されてしまえば痛みは激痛に変わります。

もちろん治療も大掛かりなものになるため、虫歯の痛みも治療の痛みもより大きなものになるのです。
さらに虫歯が進行すれば最終的に歯はボロボロになり、削るどころか抜歯が必要になるでしょう。
虫歯自体も深刻な症状を招き、顎の骨が腐ったり脳梗塞を招いたりといった可能性も出てくるのです。

5. 虫歯で痛んだ時の応急処置

虫歯が進行するほど治療も痛くなる、だからこそすぐ歯科医院に行くことが痛みを抑えることに繋がります。
とは言え、タイミングによってはすぐにそれができないこともあるでしょう。
例えば夜中に急に歯が痛んだ時、そんな時は歯科医院に行きたくても行けません。

そこで、虫歯が痛んで時に自分でできる応急処置を紹介しておきます。
最も、ここで紹介するのはあくまで応急処置であって治療の効果は一切ありません。
翌日に歯科医院に行って治療を受けてください。

λ 痛み止めを飲む

痛め止めは虫歯の痛みにも効果があります。ドラッグストアで市販されているもので構わないので、
痛み止めを飲むことで虫歯の痛みを抑えることができます。
ただし、即効性はないので飲んで効果が出るまでに少し時間は掛かります。

λ ぬるま湯でうがいする

虫歯の患部に食べカスや細菌が溜まっていることが原因で痛んでいる可能性があります。
このため、ぬるま湯でうがいしてそれらを流してください。
あまり冷たい水だと刺激となって余計痛む可能性があるため、ぬるま湯でうがいするようにしてください。

λ 冷やす

頬側から冷たいタオルや解熱シートで冷やすことでも痛みを抑えられます。
この場合、患部を直接冷やさずに必ず頬側から冷やしてください。
上記で説明したとおり、患部を直接冷やすのは刺激となるため、余計痛んでしまう可能性があるからです。

…こうした方法で応急処置しては、一時的に虫歯の痛みを抑えることができます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯治療の痛みについてまとめます。

  1. 虫歯治療は痛むのか :虫歯の状態次第。初期段階であれば痛まないし、進行していれば痛む
  2.  無痛治療とは :歯科医院によって無痛治療を行っている。無痛治療の方法自体は歯科医院ごとで異なる
  3. 治療で痛みを抑えるコツ :早い段階で治療を受ければ、その分簡単な治療ですむ
  4. 治療を恐れて虫歯を放置した代償 :虫歯の痛みが増す、抜歯が必要になる、全く別の病気を招くなど
  5. 虫歯で痛んだ時の応急処置 :痛み止めを飲む、ぬるま湯でうがいする、頬を冷やすなど

これら5つのことから、虫歯治療の痛みが分かります。
虫歯治療の痛みを恐れて治療を後回しにするほど、虫歯が進行した辛い治療を行うことになります。
また、虫歯治療を痛む人におすすめなのが歯科医院の定期検診です。

なぜなら定期検診ではお口の状態をチェックするため、
文字どおり定期的に検診を受けていれば虫歯になっても初期段階で発見できるからです。
完全な初期段階の虫歯治療であれば、無痛治療関係なく痛むことはありません。

PAGE TOP