お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7542-8718

再診・その他のお問い合わせ

044-541-3918

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

子供を虫歯に感染させないためにはどうすればいいですか?|川崎市の歯医者ならチーム医療の伴場歯科医院

伴場歯科医院
伴場歯科医院
伴場歯科医院へのお問い合わせ:044-541-3918
お問合せ

プライバシーポリシー

求人情報

伴場歯科矯正サイト

子供を虫歯に感染させないためにはどうすればいいですか?

川崎市矢向の歯医者さん、伴場歯科医院です。
今回のテーマは「子供を虫歯に感染させないための方法」です。
子供を虫歯に感染させないためには、親がしっかりと予防してあげることが大切です。
何しろ子供は虫歯の予防方法なんて分からないですし、年齢によっては虫歯自体も知らないでしょう。

さらに子供は甘いお菓子が大好きな分大人に比べて虫歯になりやすく、
その意味では大人以上に予防が難しいのです。
そこで、ここでは親ができる子供の虫歯予防の方法をお伝えします。
子供1人の力では絶対に虫歯は予防できません。親も子供の虫歯予防に力を貸してあげてください。

1. 歯磨きの最後に仕上げをする

虫歯予防の基本は歯磨きで、これは子供も同じです。しかし子供は歯磨きが上手にできないですし、
だからといって親が全て磨いていてはいつまで経っても歯磨きが上手になりません。
そこで、「歯は子供に磨かせて最後に親が仕上げをしてあげる」スタイルをとってください。
自分で歯を磨くことで、子供は徐々に歯磨きが上手になっていきます。

さらに親が仕上げをしてあげることで、磨き残しを減らすことができます。
また、毎回親が丁寧に仕上げをしてあげれば、子供は歯磨きの大切さを学んでくれるのです。
このため、いずれ子供が大きくなった時に自分で丁寧に歯磨きできるようになるのです。
つまり親が仕上げをしてあげることは、現時点だけでなく将来の子供の虫歯予防にも繋がります。

2. 小児歯科に通う

「歯科医院=歯の治療の場所」というイメージが強いですが、歯科医院は予防のために行くこともできます。
特に小児歯科は「治す治療」よりも「予防の治療」に力を入れた治療を行っており、
小さな頃から小児歯科に通うことで虫歯になるリスクは格段に減少します。
実際に行う内容としては虫歯予防のためのフッ素塗布やシーラントなどがあり
ます。

ちなみに、シーラントというのは虫歯が起こりやすい奥歯の溝をプラスチックなどで埋める治療です。
また、ブラッシング指導では子供の歯磨きだけでなく、親の仕上げの仕方の指導も行います。
こうした治療によって子供の虫歯予防をしやすくなりますし、
定期的に通っていれば仮に虫歯になっても初期段階で発見してすぐ治せるのです。

3. 親も虫歯予防する

虫歯の要因は虫歯菌への感染…つまり細菌による感染症です。
そして、この虫歯菌は唾液を介して人から人にうつってしまいます。つまり親が虫歯になっていた場合、
食器の共用などで唾液を介すことで虫歯菌が親から子へうつってしまうのです。
このため、いくら子供が虫歯予防を徹底していても親が虫歯なら虫歯菌がうつってしまうのです。

こうした事態を防ぐには、親も子供と一緒に虫歯予防を徹底することです。
ちなみに上記で「小児歯科は予防の治療に力を入れている」と言いましたが、
大人の場合も定期検診を受けることで同じような予防治療を受けることができます。
歯磨きと検診を怠らず親も子供と一緒に虫歯を予防して、虫歯菌がうつるのを防いでください。

4. 時間を決めて飲食する

ダラダラと長時間、それも時間を決めずに飲食すると虫歯になりやすいことをご存じでしょうか。
これは、お口の中で起こる歯の脱灰と再石灰化が理由になっています。
飲食をする時、お口の中では脱灰が起こって歯のカルシウムが溶け出していきます。
そして、飲食後しばらくすると再石灰化が起こって溶け出したカルシウムが再び歯に戻ります。

お口の中では毎日この脱灰と再石灰化が繰り返されているのです。
もしここでダラダラ食いをしてしまうと、脱灰だけ起こって再石灰化が行われにくくなるのです。
長時間飲食すれば飲食後から次の飲食までの時間も短くなり、それだけ再石灰化の機会が失われます。
そうなると虫歯が起こってしまうので、飲食はしっかりと時間を決めるルールを作りましょう。

5. まとめ

いかがでしたか?
最後に、子供を虫歯に感染させないための方法についてまとめます。

  1. 歯磨きの最後に仕上げをする :磨き残しをなくせるだけでなく、子供が歯磨きの大切さを知る機会になる
  2. 小児歯科に通う :フッ素塗布やシーラントなど、虫歯予防に効果的な治療を受けられる
  3. 親も虫歯予防する :虫歯菌は唾液を介して人から人にうつるため、親に虫歯があってもいけない
  4. 時間を決めて飲食する :ダラダラ食いは歯の再石灰化を妨げて虫歯のリスクを高めてしまう

これら4つのことから、子供を虫歯に感染させないための方法が分かります。
小さな頃から虫歯予防をしてあげれば、子供が大きくなった時にもそれが活きてきます。
逆に、子供の頃から虫歯予防を疎かにしていると、大人になってもすぐ虫歯になってしまいます。

その意味では、子供に対する虫歯予防は子供の将来の虫歯予防にもなるのです。
歯磨きによる仕上げ、小児歯科に通っての予防治療、これらを欠かさないことで予防効果は高まりますし、
親の虫歯予防や時間を決めての飲食は、虫歯になるリスクを減らす上で効果的です。

PAGE TOP