お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7542-8718

再診・その他のお問い合わせ

044-541-3918

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

虫歯を放置するとどんな問題があるのか?|川崎市の歯医者ならチーム医療の伴場歯科医院

伴場歯科医院
伴場歯科医院
伴場歯科医院へのお問い合わせ:044-541-3918
お問合せ

プライバシーポリシー

求人情報

伴場歯科矯正サイト

虫歯を放置するとどんな問題があるのか?

川崎市矢向の歯医者さん、伴場歯科医院です。
今回のテーマは「虫歯を放置することで起こる問題」です。
虫歯の放置は厳禁と言われていますが、もし放置したらどうなるのでしょうか?

確かに虫歯の治療はつらいですし、それを嫌に思って放置したくなる気持ちは理解できます。
しかし、本当に放置してしまうとそんな虫歯の治療が楽に思えるほどの問題がいくつも起こるのです。
そこで、ここでは虫歯を放置することで起こる問題を実際にいくつか挙げてみます。

1. 大掛かりな治療が必要になる

「虫歯の治療=歯を削る」というイメージを持つ人が多いですが、そうとは限りません。
虫歯の治療は虫歯の進行度によって全く違うものになるのです。
例えば、虫歯になりたての初期段階なら削らずに治療することが可能です。

一方で、虫歯が進行すればするほど歯を削る量も多くなりますし、治療で痛みを感じるようにもなります。
特に神経まで進行した虫歯の治療は深刻で、神経を除去して清掃する根管治療まで必要になるのです。
また、あまりに酷く進行して歯がボロボロになってしまえば、治療不可で抜歯せざるを得なくなります。

2. 治療期間や治療費に影響する

誰だって歯科医院に長く通いたい人はいないですし、できるだけ早く治療を終えたいですよね。
初期段階の虫歯なら実際に治療も早く終わりますが、進行するとそうはいかなくなります。
上記で説明したとおり虫歯が進行すればするほど治療は大掛かりなものになります。

そうなると治療期間も長くなり、結果的に長期間の通院が必要になるのです。
また、治療期間が長くなれば当然それは治療費にも影響してきます。
虫歯を放置してしまうと、いざ治療する時に治療期間も長くなって治療費も高くなるのです。

3. 歯を失う

歯を失う要因は歯周病だけではありません。虫歯によって歯が失われることもあるのです。
最も、虫歯になっても早い段階できちんと治療すれば歯を失うことはありません。
しかし、そんな虫歯を放置してしまうと最終的に歯を失う結果になるのです。

そもそも虫歯を放置して重度の段階まで進行させてしまえば、その時点で歯はほとんど残っていないでしょう。
仮にそこで治療を受けたとしても治療不可で抜歯に至るケースが多く、その場合もやはり歯を失います。
失った歯は取り戻すことはできないですし、処置としても入れ歯やインプラント治療を行うしかなくなります。

4. 発熱や嘔吐が起こる

虫歯が要因となる発熱や嘔吐、これは虫歯によって風邪を引くという意味ではありません。
虫歯が進行し続けることで骨髄まで虫歯菌に感染すると、顎の骨が腐って骨髄炎になります。
そして、骨髄炎になることで発熱や嘔吐といった体調不良を招くのです。

この場合、2つの深刻な問題点が生じます。
1つはこれが子供の場合、手足が動かせないほどの症状になり得るということです。
もう1つは、発熱や嘔吐の要因が虫歯にあるとは、診察した医師も気付きにくいということです。
要因に気付けなければ症状は改善されず、結果体調不良がずっと続くことになるのです。

5. 大きな病気を招く危険性がある

虫歯は余程初期段階でない限り自然に治ることはありません。
放置すれば虫歯はどんどん進行し、やがて虫歯菌は全身にも回ってしまいます。
これは虫歯菌が最終的に血液に侵入し、血管を通じて全身に回ることが理由です。

さて、このように虫歯菌が全身に回ると、命にかかわる大きな病気を招く危険性があります。
例えば脳梗塞…虫歯菌が血管を通じて脳に回ることで起こる可能性のある病気です。
さらに、心臓に虫歯菌が回った場合も心筋梗塞が起こる可能性があるのです。
稀なケースではあるものの、実際に虫歯の放置でこうした病気を招き、死に至ったという事例もあります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯を放置することで起こる問題についてまとめます。

  1. 大掛かりな治療が必要になる :虫歯が進行するほど治療が大掛かりになり、痛い治療が必要になってくる
  2. 治療期間や治療費に影響する :虫歯が進行すれば治療にも時間が掛かり、トータルの治療費も高くなる
  3. 歯を失う :虫歯が進行すると最終的には歯がボロボロになる上、治療不可で抜歯が必要なケースもある
  4. 発熱や嘔吐が起こる :骨髄が虫歯菌に侵されると骨髄炎になり、それによって発熱や嘔吐を招く
  5. 大きな病気を招く危険性がある :虫歯菌が全身に回ることで、脳梗塞といった命にかかわる病気を招く

これら5つのことから、虫歯を放置することで起こる問題が分かります。
虫歯は自然に治ることはないですし、放置すればこうした大きな問題が起こってしまいます。
逆に、いくら虫歯でも初期段階で治療すれば簡単に治すことができるのです。

初期段階なら治療で痛むこともないですし、そもそも削らずに治療できる可能性もあります。
このため、虫歯は絶対に放置してはいけません。放置すればするほど大きな問題を招き、
最終的には命にかかわるような深刻な病気が起こる危険性だってあるのです。

PAGE TOP